我が家の蓄財の哲学

我家は中学校と小学校の小児がいらっしゃる。わたしは勤め人、家内も部分でケア控除ぎりぎりの手当てを得ています。所帯報酬としては1000万円近隣ありますが長女は中学校から個人でユニバーシティまで個人で一貫、妹もおんなじコースを目指していますのでさんざっぱら強い暮らしになっています。備蓄も間もなく10通年に関しては弊社の持ち株と若干の積み立ての保険以外は考えていません。ただし、今回わたしが40年代なのですが50年代になった間には乳幼児の学費も必要なくなります。内容、家内と私の老後の備蓄にあたるものはその間からため始めようと考えています。前もって今から10通年は日々学費だけで300万円限りが必要になりますので備蓄は激しく見込めないのが現実です。しかし、逆に言えば、早くに結婚して乳幼児の独り立ちもはやいこともあり、自分たちの自由を持てるタイミングも速くなり備蓄も速くからできるようになります。そして内容の備蓄総計も日々300万円限りできるとなると勝算は長期的には極めて明るくなります。やはり、積立式の保険については今の局面から始めていますので整備も十分にできていると考えています。あとは病などの不測の羽目の需要がないことをいのるのみだ。