固定の食費で買い物を最小回数にする!

私の節約方法は、ずばり「月の食費を決める」こと、そして「必要以上に買い物にいかない」こと、この二つにつきます。

我が家では、トイレットペーパーやおむつなどの雑費も含む一か月の食費が4万円としていますが、給料日すぐにこの金額を一気に銀行口座から取り置き、ここから一か月の食費をすべてまかなうことにしています。

泣いても笑っても一か月に食費に使えるのはこれだけ。そう心に誓っています。

食費に余裕のある前半は、調味料や乾物、缶詰など日持ちする食品を積極的に購入します。

半月ほど過ぎると食費が心もとなくなってくるので、そうなったらできるだけ買い物にいくのは控え、家にあるものだけで何が作れるのかを考え工夫します。

例えば、水曜日は〇〇スーパーは卵が安いから、と卵だけを買いに行っても、結局はお菓子やらラーメンやら、特に必要でもなかった食材も一緒に買ってしまいがちです。

(まあ、これがスーパーの戦略なのですが)

それを防ぐため、自宅にいる時に、食洗器の洗剤やラップ、しょうゆなどの「絶対に切らしたら困るもの」を注意深くチェックしておき、補充を怠らないようにすることが大事です。(それが理由で買い物にでる回数が増えてしまって無駄な出費をふやすので)

このやり方は、ただ食費が節約できるだけでなく、廃棄食糧の削減、および交通費削減にもつながってとても有効です。

買い物前のチラシ分析は欠かせない

ごくごく普通のやり方かもしれませんが、究極のチラシは絶対に見た方がいいだ。
究極の産物って元々の値段が安く、チラシに載った産物はそれからもう一度集計が引かれるから相当お得になります。
単に日替わり産物は元値からの値引き比率が厳しく、普通の日光に貰うよりも安いです。
そしてただわずかチラシを見て貰うのではなく、どの産物がどの曜日に安くなり、普段はどのくらいの勘定で売られているのかを合わせてチェックすると、もっと効率のいい配達ができます。頭の中に産物の金額の登記を盛り込むということですね。
最初は特売品を買うことだけに集中してしまいますが、チラシ審査に慣れてくると産物の市価というものがわかってきて、チラシを見なくてもお得な配達ができるようになります。
ひとつの究極だけでなく、他の究極のチラシも合わせて見れば、どのくらい値段の差があるのかが望ましくわかって理解しやすいだ。
こうして効率よく買いものを続けていくとまず資産の引き下げになっているものです。クリアランスセールだからと言って何でも買って無駄にする、ということがない以上は絶対に節約できます。頻繁に究極に行って様々な産物の金額をチェックするような習慣をつければ、すっと安い産物の登記が頭の中に詰め込まれます。
配達に行きはことごとくチラシを確認して、貰うものをメモして行くといいでしょう。