欲しいものがあったときは、衝動買いせずまず「欲しいものリスト」に入力

ときどき物欲で無性に買い物がしたくなってしまうことがあります。

特に100円ショップとかディスカウントショップでちょっといいなと思ったものは、値段が安いこともあってついつい買っちゃうんですよね。

でも安物も、塵積で気が付くとけっこうな金額になってしまいます。

そこで最近、どんな安いものでも、欲しいと思ったものがあったらその場ですぐには買わず、まず「欲しいものリスト」に入力するようにしています。

欲しいものリストって、節約系雑誌記事などで時々見かけてはいました。

当初はそんなものを書く意味がよくわからなかったんですが、物欲がなかなか収まらなくなってから、これいいなあと思ってはじめたんです。

欲しいものの合計金額もその都度知りたいので、エクセルで簡単な表を作りました。

ひとまず片っ端から欲しいものの品名・個数・金額を入力していきます。

すると、合計金額が計算されて出てきます。

これが、けっこうな金額になるので、入力するだけで「ちょっと我慢しようか」という気になるんです。

もしどうしても欲しければ、その金額になるまで小銭貯金やネットでプチ稼ぎをします。

お金が貯まるころには、これまた意外にも欲しくなくなるものがけっこうあるんです。

買わずに済んでさらに節約できるし、お金が貯まってからでもやっぱり欲しいというものは、気兼ねなく買うことができて満足度も増します。