簡単な節約方法

私は20代のサラリーマンです。お金はとても大切なものです。働くようになり、一人暮らしを始めるようになってから、お金の大切さを改めて実感しました。私はお金を稼ぐことと同じくらい、無駄なお金を使わないことは重要だと思います。つまり節約が大切だと思います。

日々の暮らしの中で節約できるチャンスはたくさんあります。私が実際にやっていることを書きたいと思います。

まず節約となると電気、ガス、水道などの光熱費と呼ばれるものに目がいきがちだと思います。しかし、このような日々の生活に関わるものは節約が難しいですし、効果もあまりなくストレスがとてもたまります。

私はなるべく我慢をせずに節約をしたいと思っています。そこで思い付いたのが通信料です。私は一人暮らしを始めてからスマートフォンと光回線を使っており、合わせて毎月13000円ほど払っていました。

まず大胆に光回線を解約しました。光回線は宣伝されている通信速度にはとても及ばず、大変ストレスがたまっていました。そして、使っていた携帯キャリアも解約しました。このままでは通信ができないので、最近有名になっているMVNOを契約しました。契約プランは通話機能付きの使い放題プランで月3000円です。

これだけで月10000円を節約できました。スマートフォンのデザリングからパソコンの通信もできるので我慢もしていないですし、ストレスもありません。

ランチタイムの節約方法。

友人との付き合いでは、どうしてもお金を使ってしまいます。

全くお金をかけないことはできませんが、節約ならできます。

友人と会う時に必ずお金がかかる部分と言えば、食事でしょう。

多くの場合は友人と会う時には、どこかのお店に入って食べながらしゃべって近況報告…というパターンが多いと思います。

中でもランチタイムやティータイムが多いのではないでしょうか。

そんな時にできる節約方法をご紹介します。

まず、ランチタイムと言えば、1000円ほどの安い料金で食べることができます。

それは良いのですが、気を付けなければならないのは、その後のおまけです。

プラス200円でドリンクセット、プラス300円でデザートセット、というようなおまけがつく場合が多いのです。

しかしドリンクなら水を飲むことができます。

デザートも確かに単品で頼むよりも安くはすむものの、出費するということに変わりはありません。

また、意外とお昼の後ではお腹がパンパンでデザートを頼んで後悔することもあるものです。

デザートセットもなんとか我慢しましょう。

食事の後に甘いものが欲しくなる体質なのであれば、チョコレートか何かを常に持ち歩くようにすれば良いのです。

一緒にいる友人にも、「私チョコレート持ってるよ!」と言ってわけてあげれば、悪い気はしないと思いますよ。

また、同じことがティータイムでも言えます。

ティータイムでは、デザート単品か、ドリンクセットと言うパターンが多いでしょう。

この場合もドリンクセットにはせず、水を飲むようにしましょう。

友人との付き合い上、何も頼まないわけにはいきませんが、最も節約できる方法を考えた頼み方をするように心がけましょう。