節約生活、やっぱり食費は大事ですね。

節約にし過ぎはない!

今、僕は超節約生活を送っています。

目標は、月に10万円貯めること。

そうすれば、年120万円。

それにボーナスが追加されれば、年に200万円。

10年で2000万円です。

今からでも遅くない。

決して、 月の給料が高くない僕にとってできること、それは切り詰めた生活、 無駄遣いしない生活なんですね。

只、幸いのひとり暮らし。男やもめ万歳です。

鬼の節約生活。第一に食費です。

当然ですが、外食はもっての他、コンビニエンスストアも基本御法度です。

ディスカウントスーパーが最高です。

近くのトライアルがお気に入りです。最近は生鮮食品もありますが、そこはまだ大型スーパーに分があるでしょうか。

飲料水、チルド製品、お菓子、缶詰め、インスタント食品、食パン、米、調味料までは、ここで充分。

一例ですが、納豆3入1パックで58円、カルビーのポテトチップス53g(少し小さめ)59円、袋のうどん19円、

チルドの餃子、焼売98円。食パン69円。袋のラーメン5入150円 から。

とにかく安いです。

ちなみに、とある刷り込みをしています。

自分を洗脳するんです。

それは、100円以上は、贅沢品と思い込むこと。

ただし、お買得品はパックで買っておくことが大事。

無駄しないように、期限には気をつけましょう。

PM10時閉店のスーパーマーケットは、閉店40分前に訪問します。 当然の如く、半額セールしてます。

半額の弁当や惣菜、ただし買いすぎてはいけません。

一回、2個まで。

3個買ったら只の食い過ぎと思うこと。 期限のあるものは、一杯買わないこと。

これ守りましょう。

節約できるものは、徹底的に節約する。

食べ過ぎはありますが、節約にし過ぎはありません。

頑張れば、結構貯まるんですよ。

職場の同僚のっている小さな節約

節約と聞くと、電気代を減らすために節電などということが第一に頭に浮かぶと思います。

私もそうです。

仲のいい職場の同僚は「すごい小さなことから節約しているよ」と教えてくれました。

私の住んでいるところも同僚の住んでいるところも、ごみを出すときは指定の有料ごみ袋が必要になります。

決して値段は高くはないですが、ごみが減ればごみ袋の消費も抑えられます。

なので、魚や肉の入っているトレーは近くのスーパーのリサイクルボックスに捨てるようにしたそうです。

また、ごみを捨てる際は小さくたたむ、ちぎる、重ねるを徹底しているそうです。

エコだしね!と同僚は笑っていましたが、そういう方面からの節約もあるんだなと感心しました。

我が家でも、さっそく実践しています。

トレーはほぼ毎日出るごみだし、意外とかさばることに気づかされました。

普通に家庭ごみで出すよりはぐっとごみが減ったように感じます。

その結果、月にどのくらいごみ袋を節約できたのか、という具体的な数字は出していませんが、一週間に3枚使っていたごみ袋を2枚+αに抑えることができました。

具体的な金額で分かるようなものではないかもしれませんが、こういった小さな積み重ねがきっと重要なんですね。

私や同僚がやっている方法以外に、ごみを少なくする方法もありそうですね。

節約のポイントは「家計簿」を付けること

節約しようとするなら、まずは収入と支出がどのくらいなのかを明確にしなければなりません。

その方法として最もオーソドックスなのは、「家計簿」を付けることです。

しかし、家計簿と聞くと「面倒だ」と感じる人も少なくありません。

確かに、レシートの数字を転写して合計するといった作業は、手間がかかります。

しかし、家計簿の付け方には決まった物があるわけではないので、例えば「ノートにレシートを貼る」というだけでも実はよいのです。

1ページに1日分を貼り、その合計を記入しておけば、「いつどのくらい使ったのか」ということは分かるようになります。

そして、当然ですがレシートには日付が記載されているので、1~2日程度ならサボっても取り戻すことは簡単です。

また、「交通費や食費などの区分があるが、どれにしたらいいのか分からない」「貼り忘れのレシートが後から出て来たが、計算し直すのは面倒」などというケースもあるかもしれません。

しかし、こういった細かい点にも、こだわる必要はありません。

あまりにきっちりやろうとすると、家計簿を付けることがストレスになってしまいます。

家計簿を付ける目的は、収入と支出を明確にすることなので、最初はザックリとした物から始めるとよいでしょう。

お金を貯めたい人が切り詰めるポイント

まず誰でも思いつく切り詰めポイントといえば食費かと思います。まずは昼食でコンビニをやめてお弁当を持参しましょう。凝ったものでなくても、ご飯や冷凍うどんにキャベツの千切りや冷凍のおかずを足したような簡素なもので構いませんし、費用も一食あたり100円を切ることもできますのでかなりリーズナブルです。

夕食に関しても、ご飯や麺類等の主食に納豆や味噌汁を合わせるだけでもかなりお腹が膨れますし昼食と合わせて栄養が偏ることもありません。どうしてもお惣菜が欲しければ、会社帰りなど遅めの時間にスーパーに行きタイムセールのものを買い込んでおくと良いでしょう。私はどうしてもお金がない時期に上記の方法で一ヶ月一万円の食費で済ませたこともあります。

食費以外では、電気や水道代の節約が考えられます。洗濯物は出来るだけまとめて洗ったり、シャワーだけで済ませる日を作ったり、夜は早めに寝て電気を消す等のことは手軽にできます。節約効果は低いですが続けると大きな差になってきます。

そして交通費に関しては、会社の場所にもよりますがなるべく歩いて通勤しましょう。遠ければ自転車を使うのもありです。電車賃やガソリン代は思ったよりかかっているものなのでかなりの節約効果が見込めます。健康にもいいので可能であれば他の物より優先して実行するのが良いかと思います。

勿論誘惑に負けて外食したり車を使う日があるのも仕方ないですが、それはそれでよしとして出来るだけ長く節約の習慣をつけるのが大切だと思います。

節電しにくい暑い夏なので、逆に節電と節約について考えてみようと思います。

相変わらず、暑い夏が続きます。扇風機だけでは、間に合わずクーラーが必要となってきます。
ただ、クーラーを使うと、熱中症も暑さ問題も解決しますが、今度は節約から遠のいてしまう、残念なことになります。
そこで、私は考えました。涼しく、それでいて節約はできないかと思いました。

私は自宅で主に2種類の仕事をしています。本業は、いつも自室で決まった時間帯にひとりで行なっておりますが、自宅で一番暑いところで、節電・節約のためとは言え、クーラー(自室ではウィンドエアコン利用)を使わないようにすることは、かなり難しいです。
そして、経験上言いますと、とても暑いゆえに、作業効率が下がってしまいます。節約・節電も大事ですが、作業効率も大事なので、自室での節電は断念しました。

そこで、本業以外の仕事(ネット環境さえあれば、どこでもできます)を、自室を離れ、家族と一緒にいる部屋にて行なってみるようにしました。
さらに、考えてひとりサマータイムを取り入れています。
今までより早く仕事を始めてみるのです。ダラダラ過ごしていた朝の時間帯を働く時間に切り替えてみました。

本業を始める時間までにひと働きすることにしました。
節電・節約・収入ゲットのトリプルスリーになるように、目論んでいます。”

節約をする事によって、多くの貯蓄が出来る

節約は非常に大切な生活の方法です。小さな金額であっても、節約をする事によって出費を減らせますので、その分だけ貯蓄をする事が出来ます。小さな金額であっても、長い年数を経過すれば、それだけで非常に大きな金額になりますので、節約とはとても大切です。節約の方法は非常に様々となっており、種類によっては大きな金額を節約させられるようにもなります。

節約の方法としては、基本的には現在の出費よりも安くする事にありますので、一度、出費を家計簿などで見やすくする事が最適です。表などにまとめておく事で出費を把握出来て、どのような部分を節約する事が出来るのかを知る事も可能になりますので、節約の方法を知る方法としては最初にするべき事でもあります。

節約で現在、見直されているものは多くあります。サービス料が安い会社なども多くありますので、様々な出費となる契約でも、見直しをしている方が多い傾向にあります。例えば、携帯電話を所有している場合には、キャリアと契約していると多くの金額が必要になりますが、格安SIMに変更する事によって節約が可能になります。その場合には、非常に大きな金額を節約が可能になりますが、携帯電話の使用状況なども考える必要があります。

わたしのすぐ真似できる節約方法

私は主婦3年目です。いろいろと赤字が続いたので家計を見直しました。まずはインターネット会社です。私が以前契約していたインターネット会社は大手で月額6000円ほどでした。しかしここ1年前から、地域にねざした会社に変更し、月額料金が3000円になりました。また、携帯会社も大手の会社から格安simに変更し月額7~8000円から2000円前後になりました。この2つだけで7000円以上もの節約になりました。

また、洗濯も毎日するのではなく、1週間に2、3回など回数を減らしたり、お風呂の残り湯を使うことによって水道代が節約になりました。 お風呂もシャワーではなくお風呂をわかして、あたたかいうちに家族が全員はいることによってガス代、水道代の節約になりました。

また、皿洗いのときは水道の水を流し続けないようにしました。また、水をだしすぎないよう努力しました。

家族はなるべく1つの部屋で過ごし、電気代がかからないように気をつけました。

また、スーパーに買い物にいく頻度は週に1回にして食費がかからないようにしています。お腹がすいていると、つい無駄に買いすぎてしまうので、お腹を満たしてから行くようにしています。そうすることによって、食費が安くなったと思います。

育休中は節約が必須

育休中は、一番時間もあり色々やりたいときですが、収入が半分以上減るので、節約は必須です。そこで、いくつか実践している節約方法ですが、まずは買い物です。とくに毎日の食費でしょうか。育休中は、仕事に出ているときと違って、料理をする時間があり、家族にもそれを期待されているので、かっちり食材が必要です。

ただ、そのまま買い物に行ったんでは、節約になりません。買い物に行く前に、必ず近所のスーパーの特売情報をネットでチェックします。今は多くのスーパーが情報をホームページに掲載しており、さらには近所のスーパーの情報をGPS機能で一気にまとめて確認できる、スマホアプリもあり便利です。特売情報をもとに、スーパーをまわります。

必ず、客を引き付けるための超特売品があり、それが保存のきくものであれば、大量に入手します。一方で、お野菜、乳製品、パン類は、鮮度落ちや期限が切れるギリギリのものを各スーパーが半額くらいまでに落とすことがよくあります。

冷凍すれば、まだまだ保存のきくものもあるので、必ずチェックします。それも、値下げシールを貼る時間が各店舗で決まっているので、それを知ることで、より効率よくかなり節約が可能です。ちょっとしたことで、家計がずいぶん助かります。

水道代節約のためにシャワーヘッドを交換

水というのは生活に欠かせないもので、なかなか水を使うことを制限することは難しいと私は思っています。顔を洗う際には水を出しっぱなしにしないようにしたり、食器を洗うときには水をボウルに貯めてまとめて洗ったりという工夫をしますが、ほかにも無理せずに自然に節水する方法はないかなぁ~と探していました。

無理して節水しようとしても生活がつらくなるので、ほどよい節水を心がけています。家族全員で水を節水するには、簡単な方法じゃないと続かないですしね。そういえば、家族全員が毎日大量に水を使って行うことがあるじゃないか!と思い出しました。

それは、お風呂です。お風呂のシャワーヘッドを交換することにしました。でも、いざ、節水シャワーヘッドを見てみると高いももが多いです。確かに水圧がきつくなり、節水効果はあるのですが初期投資がでかいなぁと感じました。ですが、長い目でみるとやっぱり、シャワーは毎日使うものなので、お得なのだとわかりました。

節水シャワーヘッドだからといって流しっぱなしにはしません。シャンプーして、体を洗って、全部を洗いきってからシャワーを使うようにしています。節水も一つだけでなくできることはこまめにすることが大事だと思って毎日実行しています。

パソコンの電気代節約術

パソコンの電気代はかなり高いです。私の6畳間の部屋の蛍光灯の電気代が1時間で1円以下なので、パソコンの電気代はおそらくその2倍以上かかっています。パソコンでもノートパソコンよりデスクトップパソコンの電気代の方が高いです。

とくに高スペックを要求するゲームやソフトを使用すると、電気代はさらにかさみます。またデスクトップパソコンではモニターの電気代も換算しなければいけません。そこで自分のパソコンの電気代を調べ、自動的に節約するフリーソフトがありますので、それらをダウンロードするといいと思います。Optimal Green Contribution Versionは1時間あたりのw数をグラフで表示したり、電気代が節約できるように自動で設定してくれます。それからLocal CoolingやGranolaなどの海外のフリーソフトも是非インストールされることをお勧めします。

それらを利用することで、多少なりとも電気代を節約できます。あとは他のサイトをいろいろ調べた結果、1時間つけっぱなしにするより、起動する度にかかる電気代の方が高くなるらしいので、パソコンを使うときは、あらかじめ何をするか決めておいて、全部終わってからシャットダウンする、というようにすると電気代の節約になるでしょう。もちろんしばらく使わないときは、スタンバイモードではなくシャットダウンして、コンセントから抜いておきましょう。