私の省エネルギー人生

私の削減ライフ・献立バージョンだ。
善悪、参考にしてください。

・茹で卵
茹で卵を作る時は、
水からゆでて沸騰させてから
火を止めて5取り分放置すると半熟卵、
火を止めて10取り分放置すると熟成卵に
なります。
火を止めてからそっちのけすれば良いのは
楽ですが、キッチンタイマーを一緒
しておけば尚便利です。

・ペテンダック

これは平野レミ様の製法に
あったパーソナリティーを活用した
ものですが、はなはだおいしいので
トライする真価があります。
鶏むね肉の皮を取り除いて、
油を敷いたフライパンで
焼くのですが、この時皮を前文から
きっちり押しつけるようにすると
美味しそうなきつね色合いになって、
本当の北京ダックみたいです!

キュウリと白髪ねぎなどの野菜と、
焼けた皮の細切り、難儀でなければ
小麦粉と塩分と水で皮を作って
おくと良いでしょう。
なければ、春巻きの皮やサンドイッチ用の
パンなどお好みに合わせて、用意すると
良いです。
たれは甜麺醤を入れたものが良いですが、
これもお好みで。
「北京ダック」ならぬ「ペテンダック」と
ネーミングした平野レミ様の感覚には
脱帽する。

・マーボー豆腐の素
 
これは市販されていますが、
何かと活用できて便利です。
野菜炒めにも使えますし、幾らか
ひき肉と野菜を加えれば
ひき肉あんのフィニッシュだ。

・ローカロリーのグラタン

グラタンを仕立てるら生クリームや
バターを使う人が多いかもしれませんが、
バストや豆乳でカロリー防止出来ます。
ほんのフレグランスづけにバターを使ったり、
鶏肉やシーフードなどのマテリアル材とジャガイモを
使うと、ジャガイモから生まれるデンプンで、
小麦粉を使わずともとろみがでます。

後から入れるバストや豆乳を
ちょっぴり控えめにすると、アッという間に煮えます。
ジャガイモを千切りにすると
時短になるしオシャレになるので、
お求めだ。

手当てとともにふところからアッという間に備蓄に回す

ひと月わずかな金額でも、長い年月せっせと積み上げるとかなりの金額になっていきます。
とはいえ一定のおお金の範囲の中から貯金をするのは至極大変なことだ。
しかし将来のことを考えると、たとえ少しずつでも貯金をはじめたいものです。
やはりふところの中にお金があると、必要以上に使ってしまうことがあります。

逆にふところの中に大して入っていなければ、それに合わせてようやく省エネを試みようとするようになってしまう。
こういうやっと次の年俸お天道様、そしておお金の混ざるお天道様までいよいよ省エネをして持たせようとやる考えがさんざっぱらたいせつなことです。
そこでお先にふところの構成を少なくしておくことで、必要以上の浪費を遠ざけることができます。
とにかく自由に使えるお金が手元にあると浪費をする傾向にあります。

しかしふところからあらかじめ抜いておくことで、寧ろ省エネをしなければという考えに切り替わってしまう。
給料のあった段階でいくらかを前もって蓄積として抜いておくことで必要以上に使わずに済みます。
このことによりどんなに少額ずつであっても確実に蓄積をすることができ、その積み増しによって多少まとまった金額にすることができます。
蓄えを繰り返す結果とはいえ、あんまり無理な省エネをするなどは避けたいものです。
はからずも自然に抑制のなる程度の用法に減るようにしましょう。