生活のコストを割り算で考えると損をする!

あらゆる生活のコストを週割りや日割りで考えると、見かけ上の費用を小さく見せることができます!しかし、実際にかかっている費用はどう計算しようが変わらないということに注意が必要です。

例えば月額300円のサービスを日割りで考えるとたったの10円になりますが、年額で考えると3600円となります!このようにコストを割り算で考えると元々の値段はなにもかわっていないのに感覚的に安く感じてしまう危険性があります。

ではこれらのコストをどのように計算するのかというと、自分の収入の基準となる年額を用いて考えるとわかりやすいでしょう。もし収入は月ごとでは一定でも、ボーナスなどを含めて考える場合には年額ベースで考えると自分にとって高いのか、低いのかを冷静に見極めることができると思います。

通販番組やインターネットではよく様々な商品を「1日たったの◯◯円です!!」と誇張して紹介していますが、くれぐれも鵜呑みにしないようにしましょう。コストは”割り算”ではなく”掛け算”で計算すると買いたいものを一定の基準で測れるようになります!!

日々何気なくコンビニでペットボトルのお茶を買っている人いますよね?1日で考えると150円ですが、年額で考えると55000円という金額になります!もしスーパーで100円で購入していたら、年額は36000円ほどになります。

業務用スーパーなどでまとめ買いしていればもっと安く買えるかもしれません。日々の生活を見直して、余ったお金で美味しいものを食べに行きましょう笑!

シンプルに生活をしていると自然に生活に余裕が生まれます!

大人になって落ち着いたシンプルなものだけを入れる人生を始めてからは、自然と省エネや蓄財ができていたり行う。

タオルは純白の代物、ベッドカバー系統も単色の代物、バッファカバーやラグや布巾もウエアも食器なども全て単色の
シンプルなものを選び生活をしている。もちろんその他の品系統なども単色のものを選び、ごちゃごちゃした柄ものは購入し
ないことにしている。

ごちゃごちゃした代物しか乏しい時折迷わず買わないというルールだけを内面に作って人生を講じるだけでも、はなはだ衝動買い
を減らせるし、不必要なものをおうちに入れないようになるものです。

必要なものだけをお家に入れて、いらないものは徹底的に対応をすることを徹底すると、床や棚もさっぱり揃うのでクレンジングもわずか
数分でぱぱっと去ることができます。

以前はお店先で一目ぼれをしてしまったタイプは買わずにはいられなくて、即買いしてはすぐに飽きて仕舞うという人生を繰り返して
いたのです。そして、塵も溜まり易くてクレンジングにも疲れていたりしたのです。

しかし、コントラストを統一する事件だけを考えて人生をしようと監視を決めてからは、不必要なものに瞳がいかなくなったのです!

質の良いシンプルなものだけを用いる人生をするだけで、自然と支出が鎮まり自然とお金が少しずつ止まり、生活に余白
の感じができて来る!

20代でも積み重ねはやれる

ういういしい間はホビーや武器などお小遣いも必要ですし、安い財産で生活するのが精いっぱいですね。
自分も一人暮しをしながら短いお月収でやりくりしていた時世があって、スペースはありませんでした。
家暮らしをして要る友だちはそれなりにお小遣いもあり、羨ましく思いました。
それでも人付き合いを断ったり、習い事を我慢するのは嫌だったのでいよいよ計画的に使っていたものです。

若い人は余った食い分は預金するつもりでも元来余らないということが多いのではないでしょうか。
サプライ入金の銀行にただあるだけで、預金は何もしていないという他人もいるようです。
窮屈のはわかりますが、意識を変えてやり方を工夫すれば預金はたいして行えるものです。
トップ簡単なのはサプライ天引きで財形貯蓄をすることだ。
これなら最初からないものとしてその中で暮らしすればいいですね。
またサプライ入金のポケットの生じる銀行で定期積立をするのもよろしい技法だ。
自動的に決まった額を定期ストックにできるので、手間も要りません。

しばし条件の良い方法で積み増したいという他人には証券サロンのポケットを作り、財テク嘱託を購入するのがよいでしょう。
自分もしていたのですが、リスクの少ないものに積立投資をしていると一般的な定期ストックより増えていきます。
円高の場合ドルを貰うという他人も増えましたが、円だけではなく外貨預金も場合によって激しく繰り返すことができます。
危機を回避して手堅くためるか、少しの危機があっても預金を殖やすことを練るかはその人次第ですね。
財テク嘱託や外貨預金を試すと、国々景気にも注目が傾くので社会人としては良いことだ。