自然現象および自然災害について

火災により被害が拡大した阪神・淡路大震災。その揺れが特異であった東日本大震災。東日本大震災では、揺れが特異ではありましたが、それ以上に甚大な被害を及ぼした大津波。

これらを上回ると言われている東南海地震。東南海地震については、この数年の内に発生すると言われているので、心の準備を整える必要があると改めて思います。そのためには、非常時における乾パン・水などの準備。避難場所の確認。

連絡手段の確認を日頃から関係する方々と話しあう必要があると思います。また、九州北部豪雨における大雨による水害。山間部に住んでいる方には大雨による土砂崩れで被害が大きくなりました。このため山間部に住んでいる方には、付近に土砂崩れの恐れがある山肌があるかどうかの確認をして頂ければ、土砂による被害を防止する事が出来ると思います。

また、登山が好きな方については、比較的穏やで噴火の危険性が少ないと言われていた御嶽山の噴火。新燃岳の噴火のように、登山をしている方の近くで噴火の可能性がある事を考えて登山をして頂きたいと思います。また、登山をする方には、その登頂を目指している山岳に見合った装備を身に着けて登って頂きたいと思います。このように、いつ発生するわからない災害に備えておきたいと思います。