口座を分けて、無駄な出費を無くし貯蓄をできる仕組みを作ろう!

私が5年以上やっている、節約にもなり貯蓄にもつながる方法をご紹介いたします。

やり方は、支出用の口座と貯蓄用の口座を分けることです。支出用の口座は、給与が払い込まれる口座と同じものを使っています。

給料日に入金された支出用の口座から、貯金に回す分と自分のこずかい分を出金し、貯蓄用の口座とサイフに入れます。

その後、支出用の口座から出費されるもの、例えば携帯や生命保険、ネット接続費用、服や本、その他カードで使う生活用品を全てこの支出用の口座だけで管理します。

そうすることで、この口座から出ていくものについて毎月決まっているもの、月により変化するものがあるので、カード会社の明細を見ながら、貯金額も調整していきます。

基本的に、給料日にサイフに入れるこずかい分以外は、次の給料日まで支出用の口座から引き落とす事もしません。サイフに入っている金額だけでやりくりしなければいけないというルールを課す事で、無駄な出費が減りました。例えば、誰かと飲むのも計画的に行きますし、コンビニで買い物をする事も少なくなりました。

また、貯蓄用の口座には、基本的に手をつけない事をルートとしていますが、例えば冠婚葬祭や、大きな出費(例えば家電や家具の買い替え、旅行など)がある場合は、貯蓄用の口座から出金します。

私は以前は一つの口座で全てを行っていましたが、口座にお金があれば使いすぎてしまいました。

今では、日々の節約もできましたし、無理なく貯蓄もできるようになりましたので、今後も続けていこうと思っています。