私の節電に対する念願

私の彼は平凡なビジネスマンをしています。
このご時世、お報酬が随分昇る意味も無く暮らしはいつもつらい状勢でした。
資産は貫くのに坊やが産まれた結果需要がいきなり増大したのです。
そんな状況だったので、私たち夫妻は「楽しみながら切り捨て豊かなライフスタイルを♪」というキャッチフレーズで節約することにしました。
省エネルギーの企画は色々あると思います。
ネットで調査したりお友達の人づて等でも採集できますし、ご自身のルールからでも様々な省エネルギー術を思い付く事が出来ると思います。
私たち夫妻の体制、取り敢えず自分たちの需要のマイホーム金額が幅広い小物から削減していくポイントにしました。
その方が効果があると考えたからだ。
例えば食費、雑費、衣裳、電話料金、坊やの玩具。
このあたりの需要を広く燃やす事が出来れば、ごっそり節約する事が可能になります。
食費や雑費に関しては、近くところ、ホームページ通販で最リーズナブルを調査して置き、出来るだけ安い値段で買うようにしました。
また、衣裳については今まで新作商品を買っていたのを、古着に貰えました。
その他電話もsim無用携帯に変えましたし、坊やの玩具は無用商圏等で購入していらっしゃる。
このように、これまで様々な省エネルギー企画を実践してきましたが、皆さんに一部だけ指針をしようと思います。
それは、省エネルギーをしつつも出来るだけ省エネルギー前の生活を送ってほしいという事です。
愛車を持っていたそれぞれが、省エネルギーのために愛車を手放しましたというのでも良いのですが、例えば愛車を共用行える制度を利用したりだとか、
こういうアイデアを正邪頂きたいと思います。
私たちは夫妻は月に万単位で省エネルギー出来ましたが、省エネルギー前のライフとちっとも何も変わっていないですし、不便も感じていません。

TVを見ながら、子どもと過ごしながらポンタポイントを貯める。

よっぽど好きなTV番組以外は録画をして見ています。惰性で時間を無駄にしたくない事もあります。なんとなく見ているTVの時にはパソコンを起動させてポンタポイントの貯まるアンケートを答えています。簡単な質問で文字入力の必要もないので、TVを見ながらでも十分に出来ます。ポイントは1つのアンケートを答えると4スタンプ貰え、そのスタンプが10個貯まると1ポイントです。かなり気の長い話ですが、惰性で過ごしている時間を少しでも何かに変えられないかと思い、しています。貯まったポイントはローソンの商品引換券にして使用しています。
通常なら1ポイント1円ですが、商品引換券にすると、その商品にもよりますが、100円の商品が30ポイントで交換出来る場合もあるからです。しかも新商品が多いので、新しいお菓子が好きな私には丁度良いサービスです。小まめにポイントを貯めてはそのご褒美にローソンでお菓子に換えて楽しんでいます。お菓子を買うお金を節約している私の方法です。今は子どもが小さいので働きにもいけないし、自宅で出来る事を考えて自分なりに楽しんで節約しています。お金が少なくても外国のお菓子では無く美味しい日本のお菓子が好きです。

わたしのすぐ真似できる節約方法

私は主婦3年目です。いろいろと赤字が続いたので家計を見直しました。まずはインターネット会社です。私が以前契約していたインターネット会社は大手で月額6000円ほどでした。しかしここ1年前から、地域にねざした会社に変更し、月額料金が3000円になりました。また、携帯会社も大手の会社から格安simに変更し月額7~8000円から2000円前後になりました。この2つだけで7000円以上もの節約になりました。

また、洗濯も毎日するのではなく、1週間に2、3回など回数を減らしたり、お風呂の残り湯を使うことによって水道代が節約になりました。 お風呂もシャワーではなくお風呂をわかして、あたたかいうちに家族が全員はいることによってガス代、水道代の節約になりました。

また、皿洗いのときは水道の水を流し続けないようにしました。また、水をだしすぎないよう努力しました。

家族はなるべく1つの部屋で過ごし、電気代がかからないように気をつけました。

また、スーパーに買い物にいく頻度は週に1回にして食費がかからないようにしています。お腹がすいていると、つい無駄に買いすぎてしまうので、お腹を満たしてから行くようにしています。そうすることによって、食費が安くなったと思います。

欲しいものがあったときは、衝動買いせずまず「欲しいものリスト」に入力

ときどき物欲で無性に買い物がしたくなってしまうことがあります。

特に100円ショップとかディスカウントショップでちょっといいなと思ったものは、値段が安いこともあってついつい買っちゃうんですよね。

でも安物も、塵積で気が付くとけっこうな金額になってしまいます。

そこで最近、どんな安いものでも、欲しいと思ったものがあったらその場ですぐには買わず、まず「欲しいものリスト」に入力するようにしています。

欲しいものリストって、節約系雑誌記事などで時々見かけてはいました。

当初はそんなものを書く意味がよくわからなかったんですが、物欲がなかなか収まらなくなってから、これいいなあと思ってはじめたんです。

欲しいものの合計金額もその都度知りたいので、エクセルで簡単な表を作りました。

ひとまず片っ端から欲しいものの品名・個数・金額を入力していきます。

すると、合計金額が計算されて出てきます。

これが、けっこうな金額になるので、入力するだけで「ちょっと我慢しようか」という気になるんです。

もしどうしても欲しければ、その金額になるまで小銭貯金やネットでプチ稼ぎをします。

お金が貯まるころには、これまた意外にも欲しくなくなるものがけっこうあるんです。

買わずに済んでさらに節約できるし、お金が貯まってからでもやっぱり欲しいというものは、気兼ねなく買うことができて満足度も増します。

買い物前のチラシ分析は欠かせない

ごくごく普通のやり方かもしれませんが、究極のチラシは絶対に見た方がいいだ。
究極の産物って元々の値段が安く、チラシに載った産物はそれからもう一度集計が引かれるから相当お得になります。
単に日替わり産物は元値からの値引き比率が厳しく、普通の日光に貰うよりも安いです。
そしてただわずかチラシを見て貰うのではなく、どの産物がどの曜日に安くなり、普段はどのくらいの勘定で売られているのかを合わせてチェックすると、もっと効率のいい配達ができます。頭の中に産物の金額の登記を盛り込むということですね。
最初は特売品を買うことだけに集中してしまいますが、チラシ審査に慣れてくると産物の市価というものがわかってきて、チラシを見なくてもお得な配達ができるようになります。
ひとつの究極だけでなく、他の究極のチラシも合わせて見れば、どのくらい値段の差があるのかが望ましくわかって理解しやすいだ。
こうして効率よく買いものを続けていくとまず資産の引き下げになっているものです。クリアランスセールだからと言って何でも買って無駄にする、ということがない以上は絶対に節約できます。頻繁に究極に行って様々な産物の金額をチェックするような習慣をつければ、すっと安い産物の登記が頭の中に詰め込まれます。
配達に行きはことごとくチラシを確認して、貰うものをメモして行くといいでしょう。

縮減とホールの取りまとめ

蓄えって銀行のみであれこれやってますでしょうか?必ず未来でかじ取りとかも考えるパーソンだったり
大丈夫を考えて銀行のみだったりすると思うのですが
銀行のみでもかじ取りのみでもリスクはあります、銀行のみだと主として伸び悩むんですが
長年の日にちと共に物価という物は上がっていきます。たとえば
昔の近所は旨みが果てしなくありましたが、今は僅かですよね?まぁ、そこまでなるには
凄い日にちが過ぎ行きないと認識出来ないと思いますが、物価という物は上昇傾向にあるのは勘違い無いのです。
そうすると元金という物は、ただ銀行に預けただけでは物価の増量に追いつかず、長い年月と共に知らず知らず旨みが下りるという事になります。

じゃ、どーすりゃいいの?って事になると思うのですが、そんな時にかじ取りという物を考えましょう
ただ蓄えするのではなく、バラエティへの抑制かじ取りがマキシマムリスクがなく安心です。
お金が貯まったと思ったら検討してみてくださいね
今は色んなかじ取りもあるので、そういったものをわかる事で
日々の蓄えへの原動力も上がると思います。

それから肝心の蓄え戦術ですが
簡単に長く気が付けば蓄え叶うのが、銀行や信用金庫などの積み立てだ。
根付けは3~5千円とあまり痛く無い金額にする事が長く続けられる秘訣です。

事後、消費用の通帳には消費よりも多めに払込ください!気が付けば貯まってますよ!。
それから節約するなら、水道とか電気や食費といった産物も大事ですが
賃料や掛け金などの前進を優先するほうが小気味よく激しくカット出来ます。

手当てとともにふところからアッという間に備蓄に回す

ひと月わずかな金額でも、長い年月せっせと積み上げるとかなりの金額になっていきます。
とはいえ一定のおお金の範囲の中から貯金をするのは至極大変なことだ。
しかし将来のことを考えると、たとえ少しずつでも貯金をはじめたいものです。
やはりふところの中にお金があると、必要以上に使ってしまうことがあります。

逆にふところの中に大して入っていなければ、それに合わせてようやく省エネを試みようとするようになってしまう。
こういうやっと次の年俸お天道様、そしておお金の混ざるお天道様までいよいよ省エネをして持たせようとやる考えがさんざっぱらたいせつなことです。
そこでお先にふところの構成を少なくしておくことで、必要以上の浪費を遠ざけることができます。
とにかく自由に使えるお金が手元にあると浪費をする傾向にあります。

しかしふところからあらかじめ抜いておくことで、寧ろ省エネをしなければという考えに切り替わってしまう。
給料のあった段階でいくらかを前もって蓄積として抜いておくことで必要以上に使わずに済みます。
このことによりどんなに少額ずつであっても確実に蓄積をすることができ、その積み増しによって多少まとまった金額にすることができます。
蓄えを繰り返す結果とはいえ、あんまり無理な省エネをするなどは避けたいものです。
はからずも自然に抑制のなる程度の用法に減るようにしましょう。

育休中は節約が必須

育休中は、一番時間もあり色々やりたいときですが、収入が半分以上減るので、節約は必須です。そこで、いくつか実践している節約方法ですが、まずは買い物です。とくに毎日の食費でしょうか。育休中は、仕事に出ているときと違って、料理をする時間があり、家族にもそれを期待されているので、かっちり食材が必要です。

ただ、そのまま買い物に行ったんでは、節約になりません。買い物に行く前に、必ず近所のスーパーの特売情報をネットでチェックします。今は多くのスーパーが情報をホームページに掲載しており、さらには近所のスーパーの情報をGPS機能で一気にまとめて確認できる、スマホアプリもあり便利です。特売情報をもとに、スーパーをまわります。

必ず、客を引き付けるための超特売品があり、それが保存のきくものであれば、大量に入手します。一方で、お野菜、乳製品、パン類は、鮮度落ちや期限が切れるギリギリのものを各スーパーが半額くらいまでに落とすことがよくあります。

冷凍すれば、まだまだ保存のきくものもあるので、必ずチェックします。それも、値下げシールを貼る時間が各店舗で決まっているので、それを知ることで、より効率よくかなり節約が可能です。ちょっとしたことで、家計がずいぶん助かります。

水道代節約のためにシャワーヘッドを交換

水というのは生活に欠かせないもので、なかなか水を使うことを制限することは難しいと私は思っています。顔を洗う際には水を出しっぱなしにしないようにしたり、食器を洗うときには水をボウルに貯めてまとめて洗ったりという工夫をしますが、ほかにも無理せずに自然に節水する方法はないかなぁ~と探していました。

無理して節水しようとしても生活がつらくなるので、ほどよい節水を心がけています。家族全員で水を節水するには、簡単な方法じゃないと続かないですしね。そういえば、家族全員が毎日大量に水を使って行うことがあるじゃないか!と思い出しました。

それは、お風呂です。お風呂のシャワーヘッドを交換することにしました。でも、いざ、節水シャワーヘッドを見てみると高いももが多いです。確かに水圧がきつくなり、節水効果はあるのですが初期投資がでかいなぁと感じました。ですが、長い目でみるとやっぱり、シャワーは毎日使うものなので、お得なのだとわかりました。

節水シャワーヘッドだからといって流しっぱなしにはしません。シャンプーして、体を洗って、全部を洗いきってからシャワーを使うようにしています。節水も一つだけでなくできることはこまめにすることが大事だと思って毎日実行しています。

パソコンの電気代節約術

パソコンの電気代はかなり高いです。私の6畳間の部屋の蛍光灯の電気代が1時間で1円以下なので、パソコンの電気代はおそらくその2倍以上かかっています。パソコンでもノートパソコンよりデスクトップパソコンの電気代の方が高いです。

とくに高スペックを要求するゲームやソフトを使用すると、電気代はさらにかさみます。またデスクトップパソコンではモニターの電気代も換算しなければいけません。そこで自分のパソコンの電気代を調べ、自動的に節約するフリーソフトがありますので、それらをダウンロードするといいと思います。Optimal Green Contribution Versionは1時間あたりのw数をグラフで表示したり、電気代が節約できるように自動で設定してくれます。それからLocal CoolingやGranolaなどの海外のフリーソフトも是非インストールされることをお勧めします。

それらを利用することで、多少なりとも電気代を節約できます。あとは他のサイトをいろいろ調べた結果、1時間つけっぱなしにするより、起動する度にかかる電気代の方が高くなるらしいので、パソコンを使うときは、あらかじめ何をするか決めておいて、全部終わってからシャットダウンする、というようにすると電気代の節約になるでしょう。もちろんしばらく使わないときは、スタンバイモードではなくシャットダウンして、コンセントから抜いておきましょう。