節約と上手に付き合うには?その考え方。

節約に関してはしすぎると疲れてしまいますが、生活を引き締めないと、とりどめもなくお金を使ってしまいます。

私はこの冬に電気毛布を使っていたのですが、新しい布団を一枚買い足しました。

電気代と毛布を買い足すことを考えたらどちらがお得かな?と考えたからです。

つまり、節約には何気ない生活の中で「気づく」ということも重要ですね。

日々の生活に追われていると生活環境を整える事すら出来なくなってしまい、ゆとりがなくなってしまいます。

それは他の家電なども同じ事。

特に冷蔵庫とエアコンは新しいものを買うときはお金がかかりますが、買ってしまえばその後の電気代はかなりお安くなります。

しかしながら食事で節約をするのは限度があると心得ましょう。

安い商品でお腹が膨れるものは栄養素が低いものが多く、不健康になってしまうからです。

結果、病気になると治療するのにお金がかかってしまいますから節約には繋がりません。

健康第一に考えると自然と節約自体の意味がわかって来ると思います。

ですから、スーパーで値下がりしたものを買うのは悪いことではありませんがたまには栄養価の高いものを選んで買う事をおすすめします。

上手に節約と付き合って快適な生活を送れるといいですね。では。

昨日の大雪について

昨日は関東地方で大雪が降りました。東京23区で4年ぶりに大雪警報が出され、午後から本降りになってきました。都内では雪の影響で交通に影響が出るなどして、駅の内外では混雑する状況が見られました。また、雪による転倒事故が相次ぎ、関東地方でけが人が多く出ました。雪には慣れていない地域なので、昨日から今日にかけて混乱がありました。

私の住んでいる町でも、正午頃から雪がちらつき始めました。お昼を食べて、午後から録画した番組を見ました。その後午後2時頃、外の様子を見ると雪がどんどん降ってきました。降ってくる雪の粒が大きいため、このまま雪が積もってしまうだろうなと思いました。昨日は朝に最高気温が出てから気温が下がり続け、家の中でもしみるような寒さを感じました。そして、午後も同じようにしみるような寒さでした。

夕方になると雪はやんできましたが、家の周辺は一面の雪景色でした。この雪景色を見るのは、おととし以来です。そして家の中のエアコンがシュコシュコ言うのも、おととしの雪以来だったように思います。

今日は朝から晴れて気温が上がり積もった雪はどんどん解けていき、家の周辺にある日陰のところ以外、大部分が解けてしまいました。おととし以来の雪なので、今日の午前中、記念に部屋から見える屋根の部分に積もった雪を撮影しました。雪は解けてなくなってしまいますが、やはり雪景色は幻想的な風景だと思います。

食費を節約するのなら夜に買い出し

スーパーでは、食品が多く売られてますが、そこで作られたお弁当や総菜なども多く売られてます。

そういった食品は、その日に売れないと全て捨てることになりますので、いくらかでもお金に替えられるように、夕方から夜などに割引シールを貼るお店も多いので、私の他にも賢い主婦の多くは、このようにして節約をしています。

普通の値段で買うよりも断然安く購入が出来るので、毎日家計簿をつけている方には、お得感を十分に分かってるはずです。

一人暮らしのサラリーマンなどは、会社帰りに食事を作るのが面倒に思う方もいらっしゃいますので、ちょうど帰るころは、夜になりますので、割引された食材や食品を購入して、食費にかかる費用をどうにかして節約をしています。

何割引きかシールを貼られている時には、最終的には、半額まで行く所もございます。

こういった方法で購入することに慣れると、普通に購入することが、ばからしくなることあります。

しかし、購入する時に、ものによっては、食材が腐っていたり、形がいびつなものもありますので、その点を十分に考慮した上で買い物かごに入れることをお勧めします。

半分腐ってるものを安く購入出来たとしても、食べられる所が少なかったりすると、お得感を感じることが出来なくなるので注意が必要です。

シンプルに生活をしていると自然に生活に余裕が生まれます!

大人になって落ち着いたシンプルなものだけを入れる人生を始めてからは、自然と省エネや蓄財ができていたり行う。

タオルは純白の代物、ベッドカバー系統も単色の代物、バッファカバーやラグや布巾もウエアも食器なども全て単色の
シンプルなものを選び生活をしている。もちろんその他の品系統なども単色のものを選び、ごちゃごちゃした柄ものは購入し
ないことにしている。

ごちゃごちゃした代物しか乏しい時折迷わず買わないというルールだけを内面に作って人生を講じるだけでも、はなはだ衝動買い
を減らせるし、不必要なものをおうちに入れないようになるものです。

必要なものだけをお家に入れて、いらないものは徹底的に対応をすることを徹底すると、床や棚もさっぱり揃うのでクレンジングもわずか
数分でぱぱっと去ることができます。

以前はお店先で一目ぼれをしてしまったタイプは買わずにはいられなくて、即買いしてはすぐに飽きて仕舞うという人生を繰り返して
いたのです。そして、塵も溜まり易くてクレンジングにも疲れていたりしたのです。

しかし、コントラストを統一する事件だけを考えて人生をしようと監視を決めてからは、不必要なものに瞳がいかなくなったのです!

質の良いシンプルなものだけを用いる人生をするだけで、自然と支出が鎮まり自然とお金が少しずつ止まり、生活に余白
の感じができて来る!

23年代社会人1時代目の減額法

わたしは手取り約15万の、OLだ。まったく1年齢瞳で自宅アパートですが、
積み重ねがホビーで1年齢で100万は貯めようともくろんでいます。
そういった私の減額・積み重ね方法を紹介します。

①真昼はお弁当を作って行く
毎日の真昼代金としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、1週間で約2500円は食費として飛んでいきます。
月額は約3ウィークですので、一年中コンビニエンスストアめしが貫くと…食費だけでも間抜けにならないのがわかりますよね。

②ネイルや美貌院はポンパレ
ネイルは元値5000円~高いエステで10000円はかかります。でも、わたしはネイルしてもらううち、ある程度3000円客席で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美貌院、食堂や宿屋など客寄せに力を入れるモールのために、
元値の金額よりもうんと安くして切符を売ってくれているインターネットなのです。
初々しいと言ってもかなり出来栄えに障害は無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドワークやる
わたしは薄給ということもあり、ネットでおお金程度の売上を得ています。
わたしがネットで取る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを答えると段階が買え、500段階から換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
世の中最大のアンケートインターネットだ。アンケートの音量・範疇ともにたくさんあり、
度合いの起こるアンケートを応ずると高いもので100段階もらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

以外がわたしの減額・積み重ね方法だ。

23年齢おとな1歳目の縮小法

自分は手取り約15万の、OLだ。まったく1時期視線で家マイホームですが、
蓄財がホビーで1時期で100万は貯めようともくろんでいます。
そういう私の省エネルギー・蓄財術を紹介します。

①真昼はお弁当を作って出向く
毎日の真昼お代としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、週間で約2500円は食費として飛んでいきます。
ひと月は約3週ですので、日毎コンビニエンスストア食べ物が貫くと…食費だけでもメチャメチャにならないのがわかりますよね。

②ネイルや美貌院はポンパレ
ネイルは元値5000円~大きいエステで10000円はかかります。でも、自分はネイルしてもらう段階、ある程度3000円机で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美貌院、食堂や宿屋など訪問に力を入れるモールのために、
元値の金額よりもうんと安くして切符を売ってくれているインターネットなのです。
新しいと言っても何ら質にいざこざは無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドワーク講じる
自分は薄給ということもあり、ネットでおお金程度のギャラを得ています。
自分がネットで得る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを応えるとキモが貰え、500キモから換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
グループ最大のアンケートインターネットだ。アンケートのボリューム・系統ともにたくさんあり、
体積の起こるアンケートを応じると高いもので100キモもらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

以外がわたしの省エネルギー・蓄財術だ。

太陽の熱を利用して光熱費を節約する

我が家も家計が苦しくならないように日常で節約できること、エコについては出来るだけ意識して心がけて生活しているのですが、最近もっとよく知りたいなと思うのが太陽光発電のことです。

特にうちは田舎の戸建てなので、周囲の住宅との兼ね合いで制限しなければいけないようなこともなさそうなので、これから活用できそうでとても注目しています。

太陽光発電は設置する時に費用がかかるものの、何年かで元が取れるようなので、光熱費の節約にもなって良いと思います。

太陽の熱というのは無料なので、できるだけ活用できたら良いとも思っています。

太陽の熱があれば洗濯物も自然に乾きますし、部屋も日光で暖かくなるので電気節約のエコにもなりますし、ありがたいものです。

また、電気代節約のために早寝早起きを心がけています。早く寝ればそれだけ部屋の電気も早くに消せますし、夜の間食の節約にもなるものです。

夜長く起きていればそれだけ光熱費も必要になりますし、だらだらと起きていることによって何かを飲んだり食べたりしてしまうことも多くなるものです。

そうしたいろいろな無駄を省くためにも早寝早起きは必要ですし、守り続けることで節約にもつながっていくと思っています。

財布にはミニマムしか入れない

私のふところは、凄いちっちゃなものです。カード群れも全部入っていません。あるのは、一日に取り扱う最低限の料金の稼ぎだけ。なぜなら、こうでもしないとあれば起こるだけ使いたくなっているあたしには、コストダウンができないのです。
がんらい断じてスケジュール性の薄いあたし。しかしじつはケチなのです。だからお金があれば、けちけちと人のことには取り扱うことはたまたま、自分のことにお金を使っていました。20料金の時は憧れて品名物を買ってローンを組んだことも。でも根がケチなので、あとで後悔をしてしまうんです。
そんなことを繰り返し、どういうコストダウン法なら自分に向いているかを考えた結果が、今のふところの中に最低限の財貨しか入れないということでした。ワンデイの料金は、1000円だ。これは普段のランチなどに使用する稼ぎで、日装備は土日のクリアランスセールでまとめて買う時にしか購入しません。
女子として暮らしを続ける計算で、1000円を決めていますが、最近ではこのやり方に慣れてきて、少し余ることも。そんな時は好きなお菓子を一部、自分のために貰うのが今の楽しみです。女子は外からはどうも頑張っていることを判断してもらえませんが、お金が余ると、それ程コストダウンを頑張ったという公正なジャッジメントの因子にもなるので、うれしいです。

自給自足の目標が低減の目標と似ている部分があります。

普段から短縮しようと思って頑張っている側はたくさんいると思います。
近辺でも安く買物を決めるとか、材料をむだ無く使い切ろうとか、電気をこまめに消そうとか、短縮の計画はさまざまですね。
日々の細かい短縮は、法則で思い切り大事ですが、それ程見落しがちなのが、当たり前のように支払っていらっしゃる大きな総額の財貨。
そこを見直すと、もっと著しく短縮が行えるかもしれません。
頂点改めができそうなのが、やっぱり保険だ。ほとんどの人が出席してるだろう「生命保険」や「自動車保険」。
とにかく出席したら、ぼんやりそのままで、見直す機会もないまま支払い続けていませんか。
最近は、ファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれて、保険を見直して得る組合がたくさんあります。
そういったところを上手に使って、本当にお利であった保険を見極めることが短縮に罹るかもしれません。
それから「民家貸し出し」が残るケース。これもやっぱり払い続けているかもしれませんが、
一概に見直してもう利回りの安っぽい貸し出しに借り換えたほうが、きっぱりお得になることもあります。
少し邪魔だし、いつか決めるって思って忘れてしまうが、その間にはからずも、余分な財貨を払っていらっしゃるかも?
一度、思い切って見直してください。

英語の勉強はコミュニティをしっかり利用して。

英語の勉強をしたいのですが、英会話に通うとなると結構な金額になります。

かと言って一人では会話が出来ずに困ります。

そんな時に活用しているのは本当の外国人です。私がアルバイトをしている所がインド料理屋さんです。

その方達はヒンドゥー語と日本語少々、分かりやすい英語でコミュニケーションを取っています。

彼らは日本語を教えてほしいみたいです。

私はつたない英語を話したいと思っています。

その為、仕事の最中は教える事も出来ないので英語でのコミュニケーションになります。食事を一緒にするのですが、その時間は日本語を教えています。

直接英語圏ではありませんが、日本人が教科書を読みながら会話するよりもよっぽど実践的です。

又、弟の家には定期的にヨーロッパやアメリカ圏の方が遊びにきます。昔ハワイに住んでいた時に友人だったりその知り合いです。

その為、彼らと話しをしに一緒に食事をしたりします。

日本を案内しながら英語を教えてもらったりしています。本場の英語をためし、又教えてもらう事が出来ます。

学校に習いに行くよりも個人レッスンとして出来ますし、色んな所に移動しながら会話をするので会話が途切れません。

何度か日本に来られている方は、上手になったねと褒めてくれます。