外食費を燃やすとカットにつながります

息子が幼稚園に入ったところから、やりくりにおける休日の娯楽費の占める配分が大きくなってきました。理由は二つあります。ひとつ瞳は息子にも入場料金が必要になる場合が多くなることです。2つ目は外食だ。今まで息子の食する分は大人の取り分けで満杯だったのに、息子もあっという間にキッズメニューを申し込むようになったからだ。
休日は出来るだけ家族で外出して楽しみたい-。しかし、息子が成長するに従ってどうにか利潤も陥るし、娯楽費にお金を使ってばかりもいられない-。そこでアパートは休日の娯楽費の中で、とれるところは切り捨ていこうと決めました。
ひとまず出先は、出来るだけ入場料金が無用、もしくは行政が運営する施設にする。
春や秋など時節の嬉しい時は、公園での発進は我が家の必勝だ。公園で力一杯息子と遊んで、正午ごはんは娯楽文書を広げて持参したお弁当を食べます。お弁当といっても、慌しい朝に発進取り計らいをしながら定めるものですから、おにぎり中心の簡単なものですが、外側で食べると旨いですし、息子も喜びます。
また、発進した日の昼間と深夜、とも外食することをご法度にしています。正午に外食すると分かっている日は、ごちそうに温め直せば食べられるカレーなどを予め作っておくのです。帰ってきたら、息子がお風呂に入っている間に少し準備できるので悩みではありません。
そういう方法で些か面倒はかかりますが、外食費を切り詰めるためかなりの減少になっていると思います。