職場の同僚のっている小さな節約

節約と聞くと、電気代を減らすために節電などということが第一に頭に浮かぶと思います。

私もそうです。

仲のいい職場の同僚は「すごい小さなことから節約しているよ」と教えてくれました。

私の住んでいるところも同僚の住んでいるところも、ごみを出すときは指定の有料ごみ袋が必要になります。

決して値段は高くはないですが、ごみが減ればごみ袋の消費も抑えられます。

なので、魚や肉の入っているトレーは近くのスーパーのリサイクルボックスに捨てるようにしたそうです。

また、ごみを捨てる際は小さくたたむ、ちぎる、重ねるを徹底しているそうです。

エコだしね!と同僚は笑っていましたが、そういう方面からの節約もあるんだなと感心しました。

我が家でも、さっそく実践しています。

トレーはほぼ毎日出るごみだし、意外とかさばることに気づかされました。

普通に家庭ごみで出すよりはぐっとごみが減ったように感じます。

その結果、月にどのくらいごみ袋を節約できたのか、という具体的な数字は出していませんが、一週間に3枚使っていたごみ袋を2枚+αに抑えることができました。

具体的な金額で分かるようなものではないかもしれませんが、こういった小さな積み重ねがきっと重要なんですね。

私や同僚がやっている方法以外に、ごみを少なくする方法もありそうですね。

徹底的に節電暮らしをし戸建て屋敷を購入しました

我々は根っからの省エネ好きで次男の主人と結婚した太陽から省エネ暮らしを開始しました。どちら在宅を建てたかったのでおんぼろ家屋で根気しました。2DKの汚らしい家屋でしたが夫婦で共稼ぎをし、赤ん坊が3人様生まれてもせっせと省エネをがんばりました。我々が標準重点を置いているものは光熱費だ。これはひどく水泡が多いので終始チェックしています。水道のおっきい界隈なので節水集まりのものをしばしば利用します。シャワーは絶対に使わずおけで髪も体調も洗い流します。

それでも残るお湯は洗濯に再利用して便所もこういうお湯で流します。電気も一ルームで家中が過ごして、なるべく電気代を使わないように行う。次は食費だ。断じて渋ると健康に害が出てきますので上手に節約するのです。たとえば買い主だ。夕刻遅くスペシャルに赴き半額に物しか買いません。直ちに冷凍インストールし1週取り分まとめて冷凍しておきます。新鮮な野菜などは朝市で購入し薬味などは業務用スペシャルで格安で購入します。こうして一家5人様ですが少なくても栄養素完備なごちそうなんですよ。赤ん坊のおむつも布おむつを使い紙おむつは使いません。おかげで便所育成が直ちに終わりました。赤ん坊の髪も我々が切ってビューティー院費を切り捨ています。これで戸建てマンションをゲットしました。

自然現象および自然災害について

火災により被害が拡大した阪神・淡路大震災。その揺れが特異であった東日本大震災。東日本大震災では、揺れが特異ではありましたが、それ以上に甚大な被害を及ぼした大津波。

これらを上回ると言われている東南海地震。東南海地震については、この数年の内に発生すると言われているので、心の準備を整える必要があると改めて思います。そのためには、非常時における乾パン・水などの準備。避難場所の確認。

連絡手段の確認を日頃から関係する方々と話しあう必要があると思います。また、九州北部豪雨における大雨による水害。山間部に住んでいる方には大雨による土砂崩れで被害が大きくなりました。このため山間部に住んでいる方には、付近に土砂崩れの恐れがある山肌があるかどうかの確認をして頂ければ、土砂による被害を防止する事が出来ると思います。

また、登山が好きな方については、比較的穏やで噴火の危険性が少ないと言われていた御嶽山の噴火。新燃岳の噴火のように、登山をしている方の近くで噴火の可能性がある事を考えて登山をして頂きたいと思います。また、登山をする方には、その登頂を目指している山岳に見合った装備を身に着けて登って頂きたいと思います。このように、いつ発生するわからない災害に備えておきたいと思います。

私が無理なくできた節約術

みなさんは何のために節約したいとお考えですか?私の場合、本当に欲しいもの、過ごしたい時間を送るために無駄なお金は使いたくないと考えています。そんな私が無理なくできた節約術を少しご紹介したいと思います。

①スマホを格安スマホへ変える

私は学生時代から結婚して子供を持つまで大手キャリアの携帯電話を使用していました。料金はだいたい8000円、夫婦で16000円ほどを毎月支払っていました。数年前から格安スマホの存在を知ってはいたのですが、大手の契約の縛り(中途解約金やプランの年数の縛り)を気にして、またどこの格安スマホがいいのか、通信に問題ないのかなどの不安からなかなか変えることができませんでした。でも、二人目の子供の妊娠をきっかけに、無駄な出費を抑えたいとやっと本気で変えてみようと決心しました。変更してみると、特に何の不自由もなく、また、主人も一緒に変更したので現在は夫婦二人で毎月半額の8000円程の料金で済んでいます。

②買い物はまとめ買いにする

生活環境にもよると思いますが、私はまとめ買いをすることで無駄な物を買ってしまう頻度が減り、節約に繋がりました。以前住んでいたマンションには1階にスーパーがありとても便利だったのですが、毎日のように買い物に行っては必要な買い物だけでなく、お菓子やパンなどの嗜好品を買っていました。途中引っ越しや二人目の出産で週に1回のまとめ買いに変更したのですが、当然、買い物に行く頻度が減れば嗜好品を買う頻度も下がるので節約効果がありました。金額的には月に15000円程です。

以上、二つが私が特に我慢や無理をせずに節約できたことです。よくある節約術だとは思いますが、効果があればラッキーくらいの気持ちで試していただければ幸いです。

アナログだけど新しい扉が開く図書館

図書館は棚にある本で気に入ったものを探して借りて来て読む、または勉強しに行く、調べもので本を探してみると言うのがオーソドックスな使用の仕方だと思います。各市町村がインターネットでの検索システムを導入していて所蔵している本を誰でもどこでも検索できるようにしている事は、そんなに知られていないことでしょう。

これが本当に凄いシステムで、PCでもスマホでも各市町村の図書館のホームページから、見たい本を検索かければその市、その町のどこの図書館のどの棚にあるかわかってしまうのです。図書館で右往左往せずとも、自分ですぐに探し出すことができ、図書館のスタッフの人に言えば、すぐに見つけてもらえるのです。

例えば検索で「味噌汁」と入れれば、味噌汁に関する本が沢山でてきます。それも図書館で自分達が目にしているのは、ほんの一部であって「書庫」と言う所に眠っているいる本もあるのです。

そして、図書館のスタッフの方に「こういうテーマの本をいくつか出しておいて頂けないでしょうか?」と前もってお願いすると、自分ではその本に行き着かないであろう本を探しておいてくれます。今はスマホで本も読めますしPCですぐに色々調べることもできます。でもスマホでもPCでも開かなかった扉が図書館で開く場合もありますよ。

節約のポイントは「家計簿」を付けること

節約しようとするなら、まずは収入と支出がどのくらいなのかを明確にしなければなりません。

その方法として最もオーソドックスなのは、「家計簿」を付けることです。

しかし、家計簿と聞くと「面倒だ」と感じる人も少なくありません。

確かに、レシートの数字を転写して合計するといった作業は、手間がかかります。

しかし、家計簿の付け方には決まった物があるわけではないので、例えば「ノートにレシートを貼る」というだけでも実はよいのです。

1ページに1日分を貼り、その合計を記入しておけば、「いつどのくらい使ったのか」ということは分かるようになります。

そして、当然ですがレシートには日付が記載されているので、1~2日程度ならサボっても取り戻すことは簡単です。

また、「交通費や食費などの区分があるが、どれにしたらいいのか分からない」「貼り忘れのレシートが後から出て来たが、計算し直すのは面倒」などというケースもあるかもしれません。

しかし、こういった細かい点にも、こだわる必要はありません。

あまりにきっちりやろうとすると、家計簿を付けることがストレスになってしまいます。

家計簿を付ける目的は、収入と支出を明確にすることなので、最初はザックリとした物から始めるとよいでしょう。

生活のコストを割り算で考えると損をする!

あらゆる生活のコストを週割りや日割りで考えると、見かけ上の費用を小さく見せることができます!しかし、実際にかかっている費用はどう計算しようが変わらないということに注意が必要です。

例えば月額300円のサービスを日割りで考えるとたったの10円になりますが、年額で考えると3600円となります!このようにコストを割り算で考えると元々の値段はなにもかわっていないのに感覚的に安く感じてしまう危険性があります。

ではこれらのコストをどのように計算するのかというと、自分の収入の基準となる年額を用いて考えるとわかりやすいでしょう。もし収入は月ごとでは一定でも、ボーナスなどを含めて考える場合には年額ベースで考えると自分にとって高いのか、低いのかを冷静に見極めることができると思います。

通販番組やインターネットではよく様々な商品を「1日たったの◯◯円です!!」と誇張して紹介していますが、くれぐれも鵜呑みにしないようにしましょう。コストは”割り算”ではなく”掛け算”で計算すると買いたいものを一定の基準で測れるようになります!!

日々何気なくコンビニでペットボトルのお茶を買っている人いますよね?1日で考えると150円ですが、年額で考えると55000円という金額になります!もしスーパーで100円で購入していたら、年額は36000円ほどになります。

業務用スーパーなどでまとめ買いしていればもっと安く買えるかもしれません。日々の生活を見直して、余ったお金で美味しいものを食べに行きましょう笑!

節約と上手に付き合うには?その考え方。

節約に関してはしすぎると疲れてしまいますが、生活を引き締めないと、とりどめもなくお金を使ってしまいます。

私はこの冬に電気毛布を使っていたのですが、新しい布団を一枚買い足しました。

電気代と毛布を買い足すことを考えたらどちらがお得かな?と考えたからです。

つまり、節約には何気ない生活の中で「気づく」ということも重要ですね。

日々の生活に追われていると生活環境を整える事すら出来なくなってしまい、ゆとりがなくなってしまいます。

それは他の家電なども同じ事。

特に冷蔵庫とエアコンは新しいものを買うときはお金がかかりますが、買ってしまえばその後の電気代はかなりお安くなります。

しかしながら食事で節約をするのは限度があると心得ましょう。

安い商品でお腹が膨れるものは栄養素が低いものが多く、不健康になってしまうからです。

結果、病気になると治療するのにお金がかかってしまいますから節約には繋がりません。

健康第一に考えると自然と節約自体の意味がわかって来ると思います。

ですから、スーパーで値下がりしたものを買うのは悪いことではありませんがたまには栄養価の高いものを選んで買う事をおすすめします。

上手に節約と付き合って快適な生活を送れるといいですね。では。

昨日の大雪について

昨日は関東地方で大雪が降りました。東京23区で4年ぶりに大雪警報が出され、午後から本降りになってきました。都内では雪の影響で交通に影響が出るなどして、駅の内外では混雑する状況が見られました。また、雪による転倒事故が相次ぎ、関東地方でけが人が多く出ました。雪には慣れていない地域なので、昨日から今日にかけて混乱がありました。

私の住んでいる町でも、正午頃から雪がちらつき始めました。お昼を食べて、午後から録画した番組を見ました。その後午後2時頃、外の様子を見ると雪がどんどん降ってきました。降ってくる雪の粒が大きいため、このまま雪が積もってしまうだろうなと思いました。昨日は朝に最高気温が出てから気温が下がり続け、家の中でもしみるような寒さを感じました。そして、午後も同じようにしみるような寒さでした。

夕方になると雪はやんできましたが、家の周辺は一面の雪景色でした。この雪景色を見るのは、おととし以来です。そして家の中のエアコンがシュコシュコ言うのも、おととしの雪以来だったように思います。

今日は朝から晴れて気温が上がり積もった雪はどんどん解けていき、家の周辺にある日陰のところ以外、大部分が解けてしまいました。おととし以来の雪なので、今日の午前中、記念に部屋から見える屋根の部分に積もった雪を撮影しました。雪は解けてなくなってしまいますが、やはり雪景色は幻想的な風景だと思います。

食費を節約するのなら夜に買い出し

スーパーでは、食品が多く売られてますが、そこで作られたお弁当や総菜なども多く売られてます。

そういった食品は、その日に売れないと全て捨てることになりますので、いくらかでもお金に替えられるように、夕方から夜などに割引シールを貼るお店も多いので、私の他にも賢い主婦の多くは、このようにして節約をしています。

普通の値段で買うよりも断然安く購入が出来るので、毎日家計簿をつけている方には、お得感を十分に分かってるはずです。

一人暮らしのサラリーマンなどは、会社帰りに食事を作るのが面倒に思う方もいらっしゃいますので、ちょうど帰るころは、夜になりますので、割引された食材や食品を購入して、食費にかかる費用をどうにかして節約をしています。

何割引きかシールを貼られている時には、最終的には、半額まで行く所もございます。

こういった方法で購入することに慣れると、普通に購入することが、ばからしくなることあります。

しかし、購入する時に、ものによっては、食材が腐っていたり、形がいびつなものもありますので、その点を十分に考慮した上で買い物かごに入れることをお勧めします。

半分腐ってるものを安く購入出来たとしても、食べられる所が少なかったりすると、お得感を感じることが出来なくなるので注意が必要です。