私の、貯蓄を確実に増やしていく作戦&戦法

我々はこっち数値通年、本当にマイペースですがせっせと住居の光熱費や、
無駄なものを買わないように節約する結果、集積を繰り返すことに繋げてきました。
マイペースでも敢然と短縮できた分の料金を預金していればほぼ溜まるものです。
(因みに窮地に必要になりそうな『病院価格』などは、
結構封筒に入れておいてまず銀行には入れずに収集することもポイントです。)
とは言え、人生きていればやっぱ志望が出てしまい、
お財布の要素が侘しいと、
「それがどうしても欲しいから今回だけストックを少しだけ引き出してしまおう」
という志望が現れるときもあります。
そこで我々が頑張ってきた戦法が、わざとストックふところを2つにして、
貯める料金の五分の最初でも良いですので、メインでは薄い別のふところに入れておくことです。
そして、その別のふところは内面で「乏しい料金」という考えに切り替えて、
料金を引きだすためのカードは、住居からさんざっぱら遠い家の両親に預けていました。
これで預け入れは出来ますが、引き出すことは簡単には出来ません。
そうなりますと、自ずと料金は貯まりますが鎮まることはありません。(そこまで高価でもないですが…(苦笑い))
まぁ最も「安易に料金を集積から引き出せるペース」を、
「どうにも無い料金は引き出せないというペース」に(気分で)変化させる、と言うことが重要なのです。
(無念のがこの方法は両親とのゆかりがたおやかだったり、家に暮らしている場合は出来ないということです。)
そんな感じで、我々が何かと実践してきた中で、
本日だに無事に伝わる、せっせと確実に料金をためる店の出来ている方法の話でした。
どうにか節約するならば、無駄遣いは減らせたほうが絶対に良いです!(当たり前ですが…(笑))
上記、我々が行っている『短縮から集積単価を、多少なりとも良いので確実に増やしていく仕方』のお披露目でした。

お金を貯めたい人が切り詰めるポイント

まず誰でも思いつく切り詰めポイントといえば食費かと思います。まずは昼食でコンビニをやめてお弁当を持参しましょう。凝ったものでなくても、ご飯や冷凍うどんにキャベツの千切りや冷凍のおかずを足したような簡素なもので構いませんし、費用も一食あたり100円を切ることもできますのでかなりリーズナブルです。

夕食に関しても、ご飯や麺類等の主食に納豆や味噌汁を合わせるだけでもかなりお腹が膨れますし昼食と合わせて栄養が偏ることもありません。どうしてもお惣菜が欲しければ、会社帰りなど遅めの時間にスーパーに行きタイムセールのものを買い込んでおくと良いでしょう。私はどうしてもお金がない時期に上記の方法で一ヶ月一万円の食費で済ませたこともあります。

食費以外では、電気や水道代の節約が考えられます。洗濯物は出来るだけまとめて洗ったり、シャワーだけで済ませる日を作ったり、夜は早めに寝て電気を消す等のことは手軽にできます。節約効果は低いですが続けると大きな差になってきます。

そして交通費に関しては、会社の場所にもよりますがなるべく歩いて通勤しましょう。遠ければ自転車を使うのもありです。電車賃やガソリン代は思ったよりかかっているものなのでかなりの節約効果が見込めます。健康にもいいので可能であれば他の物より優先して実行するのが良いかと思います。

勿論誘惑に負けて外食したり車を使う日があるのも仕方ないですが、それはそれでよしとして出来るだけ長く節約の習慣をつけるのが大切だと思います。

友人が行っている節約術について!

仲の良い友人がいます。

その友人とは、お互い結婚してからも家族ぐるみで仲の良い友人です。

その友人と遊ぶ時にはいろいろな話に華を咲かせています。

特にお互いが関心の高いことが、節約についてです。

友人は結婚してから節約に目覚めたらしく、いろいろな節約方法を試してみているそうです。

そんなさまざまな節約方法の中でも、特に友人ががんばっている節約方法はポイントでお得なお買いものをするということです。

最近では、お店ごとにポイントカードがあるのが当たり前になってきました。

お店でお買い物をすると必ずと言っていいほど「ポイントカードはございますか?」と聞かれるくらいポイントカードが当たり前になってきました。

友人はお店ごとにポイントカードを必ず作り、ポイントをしっかり貯めてお買い物をしています。

お店ごとにポイントが倍になったりするときがあるので、そういった時を狙って買い物しているそうです。

その貯まったポイントだけでお買いものできちゃうときもあるとのことで、普通にお買い物をするよりもかなりお得なお買い物ができているとのことでした。

それを聞いて私自身も早速よく行くお店ではポイントカードを作成し、お買い物をしています。

ポイントでお買い物で着ると、うれしくてうれしくて仕方ありません。

これからもこの節約術を行っていきたいと思います。

節電しにくい暑い夏なので、逆に節電と節約について考えてみようと思います。

相変わらず、暑い夏が続きます。扇風機だけでは、間に合わずクーラーが必要となってきます。
ただ、クーラーを使うと、熱中症も暑さ問題も解決しますが、今度は節約から遠のいてしまう、残念なことになります。
そこで、私は考えました。涼しく、それでいて節約はできないかと思いました。

私は自宅で主に2種類の仕事をしています。本業は、いつも自室で決まった時間帯にひとりで行なっておりますが、自宅で一番暑いところで、節電・節約のためとは言え、クーラー(自室ではウィンドエアコン利用)を使わないようにすることは、かなり難しいです。
そして、経験上言いますと、とても暑いゆえに、作業効率が下がってしまいます。節約・節電も大事ですが、作業効率も大事なので、自室での節電は断念しました。

そこで、本業以外の仕事(ネット環境さえあれば、どこでもできます)を、自室を離れ、家族と一緒にいる部屋にて行なってみるようにしました。
さらに、考えてひとりサマータイムを取り入れています。
今までより早く仕事を始めてみるのです。ダラダラ過ごしていた朝の時間帯を働く時間に切り替えてみました。

本業を始める時間までにひと働きすることにしました。
節電・節約・収入ゲットのトリプルスリーになるように、目論んでいます。”

ガソリンスタンドのプリペイドカードです

ガソリン代を節約したいのであれば、プリペイドカードのあるガソリンスタンドに行くべきです。まら、今時、セルフのガソリンスタンドで給油できない人はいないと思いますが、セルフ給油をすることです。だいぶ違うと思います。スタンドの方がしてくださる窓ふきなど、過去のものとなりつつあります。

また、中には、クレジットカードで給油すると、安いところもあるので、それだと、後で明細でチェックできるのでとても便利です。毎月の、収支もわかりやすいのです。さほど、ガソリンの値段は、変わらないので、サービスの分野で何かいいものを引き出さないといけませんね。

いつも決まったガソリンスタンドに行くことも、明瞭会計という視点から、必要でしょう。

車がないほうが、お安ということもありますが、一度使ってしまうと便利で、手放すことはできません。車は、動く家のように個室だし、自分たちの空間の一つです。自動車税も車検も、一種の固定資産税的な感じで納める気持ちになるのがいいですね。

タクシーは、運転はしていただけますが、ほかの方のものですから。家族の空間にはなりません。中には、都会でも2台も車を持っていおられる方もありますが、そちらは少なくしてもいいでしょうね。

固定の食費で買い物を最小回数にする!

私の節約方法は、ずばり「月の食費を決める」こと、そして「必要以上に買い物にいかない」こと、この二つにつきます。

我が家では、トイレットペーパーやおむつなどの雑費も含む一か月の食費が4万円としていますが、給料日すぐにこの金額を一気に銀行口座から取り置き、ここから一か月の食費をすべてまかなうことにしています。

泣いても笑っても一か月に食費に使えるのはこれだけ。そう心に誓っています。

食費に余裕のある前半は、調味料や乾物、缶詰など日持ちする食品を積極的に購入します。

半月ほど過ぎると食費が心もとなくなってくるので、そうなったらできるだけ買い物にいくのは控え、家にあるものだけで何が作れるのかを考え工夫します。

例えば、水曜日は〇〇スーパーは卵が安いから、と卵だけを買いに行っても、結局はお菓子やらラーメンやら、特に必要でもなかった食材も一緒に買ってしまいがちです。

(まあ、これがスーパーの戦略なのですが)

それを防ぐため、自宅にいる時に、食洗器の洗剤やラップ、しょうゆなどの「絶対に切らしたら困るもの」を注意深くチェックしておき、補充を怠らないようにすることが大事です。(それが理由で買い物にでる回数が増えてしまって無駄な出費をふやすので)

このやり方は、ただ食費が節約できるだけでなく、廃棄食糧の削減、および交通費削減にもつながってとても有効です。

節約をする事によって、多くの貯蓄が出来る

節約は非常に大切な生活の方法です。小さな金額であっても、節約をする事によって出費を減らせますので、その分だけ貯蓄をする事が出来ます。小さな金額であっても、長い年数を経過すれば、それだけで非常に大きな金額になりますので、節約とはとても大切です。節約の方法は非常に様々となっており、種類によっては大きな金額を節約させられるようにもなります。

節約の方法としては、基本的には現在の出費よりも安くする事にありますので、一度、出費を家計簿などで見やすくする事が最適です。表などにまとめておく事で出費を把握出来て、どのような部分を節約する事が出来るのかを知る事も可能になりますので、節約の方法を知る方法としては最初にするべき事でもあります。

節約で現在、見直されているものは多くあります。サービス料が安い会社なども多くありますので、様々な出費となる契約でも、見直しをしている方が多い傾向にあります。例えば、携帯電話を所有している場合には、キャリアと契約していると多くの金額が必要になりますが、格安SIMに変更する事によって節約が可能になります。その場合には、非常に大きな金額を節約が可能になりますが、携帯電話の使用状況なども考える必要があります。

経験叶いはおる人間、出来ない人間。

時代にもよりますが確かな蓄えがあるということは基本的に暮しに残りを引き起こすと思います。
誰しもが蓄えが生じるに越したことはないと思っているはずです。
しかし現状では蓄えがあるお客様、蓄えが乏しい人の差は明瞭としていると思います。
そしてそれは必ずしも利潤隔たりによるものだけではありません。
通常と見えるかもしれませんが一番重要なのは利潤と支払いの調節だ。
俺利潤が喜ばしい側とは言えませんが蓄えの金額で言いますと周りの周辺と比べても多い側に当てはまる。
好きなだけお金を使ってスペースを経験なんて暮しが出来たら上等かもしれませんが現実はそんなふうにはいきません。
そこで蓄えを繰り返すためにどうすればいいのか。
蓄えの出来ない友人の強みを簡単に述べてしまえば支払いのパッケージを覚えていない主旨、蓄えに対しての志向が薄いことです。
あたいは蓄えを敢然と合わせることが最高峰重要だと思います。
支払いのパッケージなんて正直言ってしまえばなんだっていいんですよ。
デメリットは毎月何万経験するなどといった明確な成果だ。
そこで残る値段で自身がどうして生活するか位置付けることが大切です。
自分自身におこずかいを贈る感じですね。
最初は使えるお金が減って煩わしく感じるかもしれませんが徐々に通帳の成果が増えていくことがうれしく繋がる。
翌月からなどと言わずに今日から頑張っていきましょう。
その努力はたいていあなたの心に残りとハピネスを運んできてくれますから。

食事に関する節約術をご紹介します

私が実践している、食事に関する節約術をお教えします。

これだけできれば、一ヶ月に5万円は貯まるでしょう。

①食事を作ったら必ず、楽天レシピに掲載。

食事1品につき、楽天ポイントを50Pもらえます。

写真を撮って、レシピを掲載するだけ。

3品のおかずがある場合、150Pがもらえます。

楽天ポイントが使えるお店や、楽天市場で使えますので、現金と同じように使えます。

ただし、楽天レシピで得たポイントは期間限定なので、期間内に使用しない場合は、無駄になってしまいます。

私は、一ヶ月で5000~10000Pもらっております。

②買い物へ行くときは、2日分を購入。

1日目、2日目は予定通り食事を作り、3日目は、残り材料で料理する。

我が家では、3日目料理は、残りもので炊き込みご飯、チャーハン、ギョウザ、スープ、カレーライス、クラムチャウダー、などを作ります。

私は調理師で、まかないなども作っておりましたので、残り物で瞬時にメニューが思いつきます。

一般の主婦の方も、料理の幅が広がれば、節約につながると思います。

③おやつは手作りに。

ホットケーキミックスがあれば、10種類以上のおやつが作れます。

セールのときに、大量のホットケーキミックスを購入し、毎回味を変えて作っております。

④業務用品店を活用する。

業務用の食料は、大量ですが、冷凍できるものが多いので、是非活用してみてください。

お弁当に入れる、からあげなどは、スーパーの冷凍食品売り場のものと比較すると、5分の1くらいの価格で購入できます。

外食費を燃やすとカットにつながります

息子が幼稚園に入ったところから、やりくりにおける休日の娯楽費の占める配分が大きくなってきました。理由は二つあります。ひとつ瞳は息子にも入場料金が必要になる場合が多くなることです。2つ目は外食だ。今まで息子の食する分は大人の取り分けで満杯だったのに、息子もあっという間にキッズメニューを申し込むようになったからだ。
休日は出来るだけ家族で外出して楽しみたい-。しかし、息子が成長するに従ってどうにか利潤も陥るし、娯楽費にお金を使ってばかりもいられない-。そこでアパートは休日の娯楽費の中で、とれるところは切り捨ていこうと決めました。
ひとまず出先は、出来るだけ入場料金が無用、もしくは行政が運営する施設にする。
春や秋など時節の嬉しい時は、公園での発進は我が家の必勝だ。公園で力一杯息子と遊んで、正午ごはんは娯楽文書を広げて持参したお弁当を食べます。お弁当といっても、慌しい朝に発進取り計らいをしながら定めるものですから、おにぎり中心の簡単なものですが、外側で食べると旨いですし、息子も喜びます。
また、発進した日の昼間と深夜、とも外食することをご法度にしています。正午に外食すると分かっている日は、ごちそうに温め直せば食べられるカレーなどを予め作っておくのです。帰ってきたら、息子がお風呂に入っている間に少し準備できるので悩みではありません。
そういう方法で些か面倒はかかりますが、外食費を切り詰めるためかなりの減少になっていると思います。