節約のポイントは「家計簿」を付けること

節約しようとするなら、まずは収入と支出がどのくらいなのかを明確にしなければなりません。

その方法として最もオーソドックスなのは、「家計簿」を付けることです。

しかし、家計簿と聞くと「面倒だ」と感じる人も少なくありません。

確かに、レシートの数字を転写して合計するといった作業は、手間がかかります。

しかし、家計簿の付け方には決まった物があるわけではないので、例えば「ノートにレシートを貼る」というだけでも実はよいのです。

1ページに1日分を貼り、その合計を記入しておけば、「いつどのくらい使ったのか」ということは分かるようになります。

そして、当然ですがレシートには日付が記載されているので、1~2日程度ならサボっても取り戻すことは簡単です。

また、「交通費や食費などの区分があるが、どれにしたらいいのか分からない」「貼り忘れのレシートが後から出て来たが、計算し直すのは面倒」などというケースもあるかもしれません。

しかし、こういった細かい点にも、こだわる必要はありません。

あまりにきっちりやろうとすると、家計簿を付けることがストレスになってしまいます。

家計簿を付ける目的は、収入と支出を明確にすることなので、最初はザックリとした物から始めるとよいでしょう。

生活のコストを割り算で考えると損をする!

あらゆる生活のコストを週割りや日割りで考えると、見かけ上の費用を小さく見せることができます!しかし、実際にかかっている費用はどう計算しようが変わらないということに注意が必要です。

例えば月額300円のサービスを日割りで考えるとたったの10円になりますが、年額で考えると3600円となります!このようにコストを割り算で考えると元々の値段はなにもかわっていないのに感覚的に安く感じてしまう危険性があります。

ではこれらのコストをどのように計算するのかというと、自分の収入の基準となる年額を用いて考えるとわかりやすいでしょう。もし収入は月ごとでは一定でも、ボーナスなどを含めて考える場合には年額ベースで考えると自分にとって高いのか、低いのかを冷静に見極めることができると思います。

通販番組やインターネットではよく様々な商品を「1日たったの◯◯円です!!」と誇張して紹介していますが、くれぐれも鵜呑みにしないようにしましょう。コストは”割り算”ではなく”掛け算”で計算すると買いたいものを一定の基準で測れるようになります!!

日々何気なくコンビニでペットボトルのお茶を買っている人いますよね?1日で考えると150円ですが、年額で考えると55000円という金額になります!もしスーパーで100円で購入していたら、年額は36000円ほどになります。

業務用スーパーなどでまとめ買いしていればもっと安く買えるかもしれません。日々の生活を見直して、余ったお金で美味しいものを食べに行きましょう笑!

節約と上手に付き合うには?その考え方。

節約に関してはしすぎると疲れてしまいますが、生活を引き締めないと、とりどめもなくお金を使ってしまいます。

私はこの冬に電気毛布を使っていたのですが、新しい布団を一枚買い足しました。

電気代と毛布を買い足すことを考えたらどちらがお得かな?と考えたからです。

つまり、節約には何気ない生活の中で「気づく」ということも重要ですね。

日々の生活に追われていると生活環境を整える事すら出来なくなってしまい、ゆとりがなくなってしまいます。

それは他の家電なども同じ事。

特に冷蔵庫とエアコンは新しいものを買うときはお金がかかりますが、買ってしまえばその後の電気代はかなりお安くなります。

しかしながら食事で節約をするのは限度があると心得ましょう。

安い商品でお腹が膨れるものは栄養素が低いものが多く、不健康になってしまうからです。

結果、病気になると治療するのにお金がかかってしまいますから節約には繋がりません。

健康第一に考えると自然と節約自体の意味がわかって来ると思います。

ですから、スーパーで値下がりしたものを買うのは悪いことではありませんがたまには栄養価の高いものを選んで買う事をおすすめします。

上手に節約と付き合って快適な生活を送れるといいですね。では。