我が家の蓄財の哲学

我家は中学校と小学校の小児がいらっしゃる。わたしは勤め人、家内も部分でケア控除ぎりぎりの手当てを得ています。所帯報酬としては1000万円近隣ありますが長女は中学校から個人でユニバーシティまで個人で一貫、妹もおんなじコースを目指していますのでさんざっぱら強い暮らしになっています。備蓄も間もなく10通年に関しては弊社の持ち株と若干の積み立ての保険以外は考えていません。ただし、今回わたしが40年代なのですが50年代になった間には乳幼児の学費も必要なくなります。内容、家内と私の老後の備蓄にあたるものはその間からため始めようと考えています。前もって今から10通年は日々学費だけで300万円限りが必要になりますので備蓄は激しく見込めないのが現実です。しかし、逆に言えば、早くに結婚して乳幼児の独り立ちもはやいこともあり、自分たちの自由を持てるタイミングも速くなり備蓄も速くからできるようになります。そして内容の備蓄総計も日々300万円限りできるとなると勝算は長期的には極めて明るくなります。やはり、積立式の保険については今の局面から始めていますので整備も十分にできていると考えています。あとは病などの不測の羽目の需要がないことをいのるのみだ。

20代でも積み重ねはやれる

ういういしい間はホビーや武器などお小遣いも必要ですし、安い財産で生活するのが精いっぱいですね。
自分も一人暮しをしながら短いお月収でやりくりしていた時世があって、スペースはありませんでした。
家暮らしをして要る友だちはそれなりにお小遣いもあり、羨ましく思いました。
それでも人付き合いを断ったり、習い事を我慢するのは嫌だったのでいよいよ計画的に使っていたものです。

若い人は余った食い分は預金するつもりでも元来余らないということが多いのではないでしょうか。
サプライ入金の銀行にただあるだけで、預金は何もしていないという他人もいるようです。
窮屈のはわかりますが、意識を変えてやり方を工夫すれば預金はたいして行えるものです。
トップ簡単なのはサプライ天引きで財形貯蓄をすることだ。
これなら最初からないものとしてその中で暮らしすればいいですね。
またサプライ入金のポケットの生じる銀行で定期積立をするのもよろしい技法だ。
自動的に決まった額を定期ストックにできるので、手間も要りません。

しばし条件の良い方法で積み増したいという他人には証券サロンのポケットを作り、財テク嘱託を購入するのがよいでしょう。
自分もしていたのですが、リスクの少ないものに積立投資をしていると一般的な定期ストックより増えていきます。
円高の場合ドルを貰うという他人も増えましたが、円だけではなく外貨預金も場合によって激しく繰り返すことができます。
危機を回避して手堅くためるか、少しの危機があっても預金を殖やすことを練るかはその人次第ですね。
財テク嘱託や外貨預金を試すと、国々景気にも注目が傾くので社会人としては良いことだ。

生活に必要な株主優待を利用した節約

株主優待には、商品や金権などがあります。
その株主優待を用いた節約方法をお知らせします。
ここでは、①食事券、②クオカード、③お米券及び④ギフト券を紹介します。
紹介する銘柄(証券コード)は10万円以下で購入できる株です。

まず、食事券で紹介するのはアトム(7412)です。3月9月に2000ポイントつきます。
1ポイント1円相当です。年4%以上の利回りと同じように食事(コロワイドグループ)やカタログ商品交換の利用できます。
現在は、回転寿司のかっぱ寿司でも使えます。

クオカードの優待は増えてきました。
5万円以下で1000円のクオカードもらえる銘柄があります。
雑誌でも載っているので銘柄は割愛します。
利用先は本屋やコンビニで使っています。
クオカードが利用できる本屋は県内県庁所在地事務所にしかないので、本をクオカードで購入するために片道2時間以上マル得切符を利用し、駅のコンビニでクオカードを利用してお酒とつまみを購入し、飲みながら帰ることを楽しみにして行くこともあります。

お米券は、京阪神ビルディング(8818)、タカラレーベン(8897)オオバ(9765)。
3銘柄とも2%以上の配当があり、年1回1枚(440円相当)のお米券が送付されます。
近くのスーパーで使えます。更に京阪神ビルディングは長く株主に連続していると1枚追加でもらえます。
これだけみると3枚ですが、お米が生活の基本だと集めていくうちに現在は年間55枚まで増えました。
ちなみに目標は65枚です。合併でお米券20枚が違う優待に変わり銘柄を変えたときもあります。
とほほ、ということで1銘柄に偏りすぎるのは良くないと思います。

ギフト券は現在保有している銘柄は10万円以上しかなかったので、現在注目している銘柄カーリットホールディングス(4275)を紹介します。
配当とギフト券をあわせると3%以上の利回りで購入を目指しています。

株を選ぶときは業績の実績及び計画が伸びている会社、買うときは安い時(一年間の値動きをみて最低値に目安を最初置いています)に購入し長期保有を心がけています。
銀行の利子より株の配当の方が多くもらえますが、1社に絞るとはずれた時の影響が大きくなります。
余裕資金の範囲内で影響を緩和するために3社程度を選び、1社当たれば良いぐらいで買ってみるというのでは如何でしょうか。
証券会社は手数料の安いネット証券がおすすめです。売買額10万円以下は手数料無料という会社もあります。

株主優待の権利を取得するために投資をしなければいけませんが投資する際は自己責任の範囲でお願いします。