私の省エネルギー人生

私の削減ライフ・献立バージョンだ。
善悪、参考にしてください。

・茹で卵
茹で卵を作る時は、
水からゆでて沸騰させてから
火を止めて5取り分放置すると半熟卵、
火を止めて10取り分放置すると熟成卵に
なります。
火を止めてからそっちのけすれば良いのは
楽ですが、キッチンタイマーを一緒
しておけば尚便利です。

・ペテンダック

これは平野レミ様の製法に
あったパーソナリティーを活用した
ものですが、はなはだおいしいので
トライする真価があります。
鶏むね肉の皮を取り除いて、
油を敷いたフライパンで
焼くのですが、この時皮を前文から
きっちり押しつけるようにすると
美味しそうなきつね色合いになって、
本当の北京ダックみたいです!

キュウリと白髪ねぎなどの野菜と、
焼けた皮の細切り、難儀でなければ
小麦粉と塩分と水で皮を作って
おくと良いでしょう。
なければ、春巻きの皮やサンドイッチ用の
パンなどお好みに合わせて、用意すると
良いです。
たれは甜麺醤を入れたものが良いですが、
これもお好みで。
「北京ダック」ならぬ「ペテンダック」と
ネーミングした平野レミ様の感覚には
脱帽する。

・マーボー豆腐の素
 
これは市販されていますが、
何かと活用できて便利です。
野菜炒めにも使えますし、幾らか
ひき肉と野菜を加えれば
ひき肉あんのフィニッシュだ。

・ローカロリーのグラタン

グラタンを仕立てるら生クリームや
バターを使う人が多いかもしれませんが、
バストや豆乳でカロリー防止出来ます。
ほんのフレグランスづけにバターを使ったり、
鶏肉やシーフードなどのマテリアル材とジャガイモを
使うと、ジャガイモから生まれるデンプンで、
小麦粉を使わずともとろみがでます。

後から入れるバストや豆乳を
ちょっぴり控えめにすると、アッという間に煮えます。
ジャガイモを千切りにすると
時短になるしオシャレになるので、
お求めだ。

節約するならダイコクドラックのポイント

節約するなら毎月かかる痛い生活費を克服する必要があります。
そこでおすすめするのはダイコクドラックを利用することです。ダイコクドラックにはDDポイントカードというポイントカードがあります。
そのポイントカードを作れば、そのお店で買い物をすると200円につき1P(=1円)が貯まり、その貯まったポイントは楽天市場で使えるので大変お得です。
このドラックストアの商品のラインナップは多種多様で洗剤、シャンプーやコンディショナーといった入浴品、アイライナーやファンデーションといった化粧品もあります。

また、場所にもよりますが、猫のドライや猫砂まで売っています。ペットのエサは取り扱っている店が少ないので助かる方は多いと思います。
また、特価商品が多いので安くすみます。
特に化粧品は普通のお店で1点2000円以上するなんてざらですから安く抑えたいならダイコクドラックを使用すると1点1000円以内に抑えられたりしてお得に買い物できます。
このお店を利用すれば他のドラックストアに比べてダントツで安くすみます。

さらに毎月3、20日はポイント5倍デーで大変お得です。
ネットでしか買えない商品、重量がある商品を購入する際には楽天市場を利用すれば、貯まったポイントを利用できるので無駄なく有効活用でき、日々節約できると思います。

私の、貯蓄を確実に増やしていく作戦&戦法

我々はこっち数値通年、本当にマイペースですがせっせと住居の光熱費や、
無駄なものを買わないように節約する結果、集積を繰り返すことに繋げてきました。
マイペースでも敢然と短縮できた分の料金を預金していればほぼ溜まるものです。
(因みに窮地に必要になりそうな『病院価格』などは、
結構封筒に入れておいてまず銀行には入れずに収集することもポイントです。)
とは言え、人生きていればやっぱ志望が出てしまい、
お財布の要素が侘しいと、
「それがどうしても欲しいから今回だけストックを少しだけ引き出してしまおう」
という志望が現れるときもあります。
そこで我々が頑張ってきた戦法が、わざとストックふところを2つにして、
貯める料金の五分の最初でも良いですので、メインでは薄い別のふところに入れておくことです。
そして、その別のふところは内面で「乏しい料金」という考えに切り替えて、
料金を引きだすためのカードは、住居からさんざっぱら遠い家の両親に預けていました。
これで預け入れは出来ますが、引き出すことは簡単には出来ません。
そうなりますと、自ずと料金は貯まりますが鎮まることはありません。(そこまで高価でもないですが…(苦笑い))
まぁ最も「安易に料金を集積から引き出せるペース」を、
「どうにも無い料金は引き出せないというペース」に(気分で)変化させる、と言うことが重要なのです。
(無念のがこの方法は両親とのゆかりがたおやかだったり、家に暮らしている場合は出来ないということです。)
そんな感じで、我々が何かと実践してきた中で、
本日だに無事に伝わる、せっせと確実に料金をためる店の出来ている方法の話でした。
どうにか節約するならば、無駄遣いは減らせたほうが絶対に良いです!(当たり前ですが…(笑))
上記、我々が行っている『短縮から集積単価を、多少なりとも良いので確実に増やしていく仕方』のお披露目でした。

お金を貯めたい人が切り詰めるポイント

まず誰でも思いつく切り詰めポイントといえば食費かと思います。まずは昼食でコンビニをやめてお弁当を持参しましょう。凝ったものでなくても、ご飯や冷凍うどんにキャベツの千切りや冷凍のおかずを足したような簡素なもので構いませんし、費用も一食あたり100円を切ることもできますのでかなりリーズナブルです。

夕食に関しても、ご飯や麺類等の主食に納豆や味噌汁を合わせるだけでもかなりお腹が膨れますし昼食と合わせて栄養が偏ることもありません。どうしてもお惣菜が欲しければ、会社帰りなど遅めの時間にスーパーに行きタイムセールのものを買い込んでおくと良いでしょう。私はどうしてもお金がない時期に上記の方法で一ヶ月一万円の食費で済ませたこともあります。

食費以外では、電気や水道代の節約が考えられます。洗濯物は出来るだけまとめて洗ったり、シャワーだけで済ませる日を作ったり、夜は早めに寝て電気を消す等のことは手軽にできます。節約効果は低いですが続けると大きな差になってきます。

そして交通費に関しては、会社の場所にもよりますがなるべく歩いて通勤しましょう。遠ければ自転車を使うのもありです。電車賃やガソリン代は思ったよりかかっているものなのでかなりの節約効果が見込めます。健康にもいいので可能であれば他の物より優先して実行するのが良いかと思います。

勿論誘惑に負けて外食したり車を使う日があるのも仕方ないですが、それはそれでよしとして出来るだけ長く節約の習慣をつけるのが大切だと思います。