育休中は節約が必須

育休中は、一番時間もあり色々やりたいときですが、収入が半分以上減るので、節約は必須です。そこで、いくつか実践している節約方法ですが、まずは買い物です。とくに毎日の食費でしょうか。育休中は、仕事に出ているときと違って、料理をする時間があり、家族にもそれを期待されているので、かっちり食材が必要です。

ただ、そのまま買い物に行ったんでは、節約になりません。買い物に行く前に、必ず近所のスーパーの特売情報をネットでチェックします。今は多くのスーパーが情報をホームページに掲載しており、さらには近所のスーパーの情報をGPS機能で一気にまとめて確認できる、スマホアプリもあり便利です。特売情報をもとに、スーパーをまわります。

必ず、客を引き付けるための超特売品があり、それが保存のきくものであれば、大量に入手します。一方で、お野菜、乳製品、パン類は、鮮度落ちや期限が切れるギリギリのものを各スーパーが半額くらいまでに落とすことがよくあります。

冷凍すれば、まだまだ保存のきくものもあるので、必ずチェックします。それも、値下げシールを貼る時間が各店舗で決まっているので、それを知ることで、より効率よくかなり節約が可能です。ちょっとしたことで、家計がずいぶん助かります。

水道代節約のためにシャワーヘッドを交換

水というのは生活に欠かせないもので、なかなか水を使うことを制限することは難しいと私は思っています。顔を洗う際には水を出しっぱなしにしないようにしたり、食器を洗うときには水をボウルに貯めてまとめて洗ったりという工夫をしますが、ほかにも無理せずに自然に節水する方法はないかなぁ~と探していました。

無理して節水しようとしても生活がつらくなるので、ほどよい節水を心がけています。家族全員で水を節水するには、簡単な方法じゃないと続かないですしね。そういえば、家族全員が毎日大量に水を使って行うことがあるじゃないか!と思い出しました。

それは、お風呂です。お風呂のシャワーヘッドを交換することにしました。でも、いざ、節水シャワーヘッドを見てみると高いももが多いです。確かに水圧がきつくなり、節水効果はあるのですが初期投資がでかいなぁと感じました。ですが、長い目でみるとやっぱり、シャワーは毎日使うものなので、お得なのだとわかりました。

節水シャワーヘッドだからといって流しっぱなしにはしません。シャンプーして、体を洗って、全部を洗いきってからシャワーを使うようにしています。節水も一つだけでなくできることはこまめにすることが大事だと思って毎日実行しています。

パソコンの電気代節約術

パソコンの電気代はかなり高いです。私の6畳間の部屋の蛍光灯の電気代が1時間で1円以下なので、パソコンの電気代はおそらくその2倍以上かかっています。パソコンでもノートパソコンよりデスクトップパソコンの電気代の方が高いです。

とくに高スペックを要求するゲームやソフトを使用すると、電気代はさらにかさみます。またデスクトップパソコンではモニターの電気代も換算しなければいけません。そこで自分のパソコンの電気代を調べ、自動的に節約するフリーソフトがありますので、それらをダウンロードするといいと思います。Optimal Green Contribution Versionは1時間あたりのw数をグラフで表示したり、電気代が節約できるように自動で設定してくれます。それからLocal CoolingやGranolaなどの海外のフリーソフトも是非インストールされることをお勧めします。

それらを利用することで、多少なりとも電気代を節約できます。あとは他のサイトをいろいろ調べた結果、1時間つけっぱなしにするより、起動する度にかかる電気代の方が高くなるらしいので、パソコンを使うときは、あらかじめ何をするか決めておいて、全部終わってからシャットダウンする、というようにすると電気代の節約になるでしょう。もちろんしばらく使わないときは、スタンバイモードではなくシャットダウンして、コンセントから抜いておきましょう。

節約の心得

食費で考えると、節約できるかできないかは、私の場合、外出するかしないかによります。外出するとどうしてもお金を使っていまいます。例えば、缶コーヒーを買ってしまったりとか、喫茶店に寄ってしまったりとか。家にいれば、基本的にお金使いません。会社勤めの私ですが、勤務時も、客先訪問などで外出しちゃうと、どうしてもお金使っちゃいます。そう考えると、規則正しい生活をして、余計なことをしないと、節約できますね。三食しっかり家でとれば、無駄な間食しなですみますし。

服や靴なども、外出しなければいけないと、結構お金かかんります。普段着で仕事、外出できれば、そうでもありませんが、Yシャツとか、スラックスは、クリーニング出さないといけないませんので。

お金を稼ぐためには、家にじっとしているって訳には行きませんけど、外出するとお金使っちゃいます。すごく大きいものの見方をしていれば、個々人がお金使わないの景気良くならないので、家でじっとしているのはどうなのってことありますけど、自分のことだけ考えると、やっぱりじっとしているのがお金使わない一番の方法です。

家に居ても、光熱費とかかかりますけどね。でもそこは例えば、寒いときは掃除洗濯で体動かして、暖房止めるとか、熱いときはどうするか?逆に近くのスーパーで涼むか?でも余計なもの買っちゃいけませんので、難しいです。夏の過ごし方が課題ですね。

ネットが便利な消費者金融の審査
(⇒http://www.watchoutforwildlife.org/murisoku.html

口座を分けて、無駄な出費を無くし貯蓄をできる仕組みを作ろう!

私が5年以上やっている、節約にもなり貯蓄にもつながる方法をご紹介いたします。

やり方は、支出用の口座と貯蓄用の口座を分けることです。支出用の口座は、給与が払い込まれる口座と同じものを使っています。

給料日に入金された支出用の口座から、貯金に回す分と自分のこずかい分を出金し、貯蓄用の口座とサイフに入れます。

その後、支出用の口座から出費されるもの、例えば携帯や生命保険、ネット接続費用、服や本、その他カードで使う生活用品を全てこの支出用の口座だけで管理します。

そうすることで、この口座から出ていくものについて毎月決まっているもの、月により変化するものがあるので、カード会社の明細を見ながら、貯金額も調整していきます。

基本的に、給料日にサイフに入れるこずかい分以外は、次の給料日まで支出用の口座から引き落とす事もしません。サイフに入っている金額だけでやりくりしなければいけないというルールを課す事で、無駄な出費が減りました。例えば、誰かと飲むのも計画的に行きますし、コンビニで買い物をする事も少なくなりました。

また、貯蓄用の口座には、基本的に手をつけない事をルートとしていますが、例えば冠婚葬祭や、大きな出費(例えば家電や家具の買い替え、旅行など)がある場合は、貯蓄用の口座から出金します。

私は以前は一つの口座で全てを行っていましたが、口座にお金があれば使いすぎてしまいました。

今では、日々の節約もできましたし、無理なく貯蓄もできるようになりましたので、今後も続けていこうと思っています。

オシャレ費用は友人とシェアし合って節約します

私は結婚して3年ほどになる主婦です。

独身時代はお金にも多少の余裕があったので、大好きな洋服やコスメなどをよく買っていたのですが、結婚してからはやはりそういうわけにもいきません。

でもやはり時々は洋服もコスメも欲しいですよね。

そこで私が実践しているのは「友人とシェアする」という節約方法です。

友人5、6人と集まり、お互いもう要らなくなった洋服やバッグ、コスメを持ち寄って交換したりしているんです。

集まる頻度は決まっていないのですが、だいたい3ヶ月に1度くらいのペースで集まっています。

洋服やコスメはお互い趣味や好みがあるので、合わないこともあるのですが、それが逆にいいこともあるんです。

例えば洋服に関しては、普段はこういうタイプは着ないなというものでも、無料なので気軽に試して着られるんですね。

いつもと違う自分を発見したり、意外と楽でいいなと思えるものに出会うこともあって友人たちとすごく楽しんでいます。

コスメも使いかけで放置してあるものを交換したり、化粧水など肌に合わなかったものを貰ったりあげたりしています。

コスメ関連は洋服などと違って売りに行くお店もそんなにないですし、最終的に捨ててしまうことが多かったのでエコにもなっていいですよ。

コンビニに行かない節約法

節約って、無理すると続かないんですよね。

ですから、簡単にできる節約法を実践しています。

一番効果があったのは、コンビニに行かない節約法です。

私の住んでいる場所の近くはコンビニ激戦区。

徒歩5分以内に5軒はコンビニがあります。

ですから、お昼ごはんや飲み物を買うのに毎日コンビニを利用していました。

そうするとつもりつもると結構なお金がかかるんですよね。

家計簿をつけてみて、愕然としました。

ですから、これからは完全にコンビニは禁止。

お弁当は手作り、お茶も手作り、他の飲み物を買うときはスーパーで購入。

お弁当が作れなかった時もスーパーでおにぎりを買うようにしました。

コンビニより50円くらい安い値段で売っているので。

じわじわと効いていたようで、コンビニに行かなくなっただけで

一カ月に5000円~7000円節約できるようになりました。

毎日コンビニでお昼ごはんを買っている人は、ぜひコンビニをやめてスーパーを利用してみてください。

それだけで結構お金は浮きます。

コンビニは24時間営業していることもあって、基本的にモノが値引きされずに売っていますからね。

ちょっと使うのをやめるだけで、結構な金額が節約できて驚いています。

簡単な節約方法

私は20代のサラリーマンです。お金はとても大切なものです。働くようになり、一人暮らしを始めるようになってから、お金の大切さを改めて実感しました。私はお金を稼ぐことと同じくらい、無駄なお金を使わないことは重要だと思います。つまり節約が大切だと思います。

日々の暮らしの中で節約できるチャンスはたくさんあります。私が実際にやっていることを書きたいと思います。

まず節約となると電気、ガス、水道などの光熱費と呼ばれるものに目がいきがちだと思います。しかし、このような日々の生活に関わるものは節約が難しいですし、効果もあまりなくストレスがとてもたまります。

私はなるべく我慢をせずに節約をしたいと思っています。そこで思い付いたのが通信料です。私は一人暮らしを始めてからスマートフォンと光回線を使っており、合わせて毎月13000円ほど払っていました。

まず大胆に光回線を解約しました。光回線は宣伝されている通信速度にはとても及ばず、大変ストレスがたまっていました。そして、使っていた携帯キャリアも解約しました。このままでは通信ができないので、最近有名になっているMVNOを契約しました。契約プランは通話機能付きの使い放題プランで月3000円です。

これだけで月10000円を節約できました。スマートフォンのデザリングからパソコンの通信もできるので我慢もしていないですし、ストレスもありません。

チリも積もれば…で10万円!

主人の誕生日。当時専業主婦だった私は、自分のお小遣いがなく、必要に応じて主人に請求するスタイルをとっていたため、なかなか自由にお金を使うことができませんでした。しかしどうしても主人に何かプレゼントをしたい、と思い、考えついたのが「10万円貯まる貯金箱」でした。

「この貯金が貯まったら、あなたが好きな旅行代に使いましょう。それがプレゼントね。」という約束をしたのです。今まで「貯金をしよう」という気持ちはもちろんありましたが、ただ漠然と貯金をしようと考えているだけでは、なかなかお金を貯めることができませんでした。しかしこの時は違いました。

「来年の誕生日までに、この貯金箱をいっぱいにして旅行に行く!」という目標があったので、一生懸命やりくりして、見事翌年に旅行に行くことができました。この時に教訓として得た「お金を貯めるコツ」は、まず「期間を決めること」と「目標金額を決めること」それから「使い道をあらかじめ決めておくこと」です。

これはダイエットと同じです。例えば「最近太ってきたな…痩せないとな…」と漠然と思っていても、「明日から頑張ろう」などと考えて、行動に移すのを先回しにしてしまいがちではありませんか?しかし「結婚式までに、このドレスが着たい!そのためには〇kg痩せる!」などという具体的な目標があったら頑張れそうですよね。貯金がなかなかできない人は、是非これを頭の片隅に置いておいて損はありませんよ。

ランチタイムの節約方法。

友人との付き合いでは、どうしてもお金を使ってしまいます。

全くお金をかけないことはできませんが、節約ならできます。

友人と会う時に必ずお金がかかる部分と言えば、食事でしょう。

多くの場合は友人と会う時には、どこかのお店に入って食べながらしゃべって近況報告…というパターンが多いと思います。

中でもランチタイムやティータイムが多いのではないでしょうか。

そんな時にできる節約方法をご紹介します。

まず、ランチタイムと言えば、1000円ほどの安い料金で食べることができます。

それは良いのですが、気を付けなければならないのは、その後のおまけです。

プラス200円でドリンクセット、プラス300円でデザートセット、というようなおまけがつく場合が多いのです。

しかしドリンクなら水を飲むことができます。

デザートも確かに単品で頼むよりも安くはすむものの、出費するということに変わりはありません。

また、意外とお昼の後ではお腹がパンパンでデザートを頼んで後悔することもあるものです。

デザートセットもなんとか我慢しましょう。

食事の後に甘いものが欲しくなる体質なのであれば、チョコレートか何かを常に持ち歩くようにすれば良いのです。

一緒にいる友人にも、「私チョコレート持ってるよ!」と言ってわけてあげれば、悪い気はしないと思いますよ。

また、同じことがティータイムでも言えます。

ティータイムでは、デザート単品か、ドリンクセットと言うパターンが多いでしょう。

この場合もドリンクセットにはせず、水を飲むようにしましょう。

友人との付き合い上、何も頼まないわけにはいきませんが、最も節約できる方法を考えた頼み方をするように心がけましょう。