固定の食費で買い物を最小回数にする!

私の節約方法は、ずばり「月の食費を決める」こと、そして「必要以上に買い物にいかない」こと、この二つにつきます。

我が家では、トイレットペーパーやおむつなどの雑費も含む一か月の食費が4万円としていますが、給料日すぐにこの金額を一気に銀行口座から取り置き、ここから一か月の食費をすべてまかなうことにしています。

泣いても笑っても一か月に食費に使えるのはこれだけ。そう心に誓っています。

食費に余裕のある前半は、調味料や乾物、缶詰など日持ちする食品を積極的に購入します。

半月ほど過ぎると食費が心もとなくなってくるので、そうなったらできるだけ買い物にいくのは控え、家にあるものだけで何が作れるのかを考え工夫します。

例えば、水曜日は〇〇スーパーは卵が安いから、と卵だけを買いに行っても、結局はお菓子やらラーメンやら、特に必要でもなかった食材も一緒に買ってしまいがちです。

(まあ、これがスーパーの戦略なのですが)

それを防ぐため、自宅にいる時に、食洗器の洗剤やラップ、しょうゆなどの「絶対に切らしたら困るもの」を注意深くチェックしておき、補充を怠らないようにすることが大事です。(それが理由で買い物にでる回数が増えてしまって無駄な出費をふやすので)

このやり方は、ただ食費が節約できるだけでなく、廃棄食糧の削減、および交通費削減にもつながってとても有効です。

節約をする事によって、多くの貯蓄が出来る

節約は非常に大切な生活の方法です。小さな金額であっても、節約をする事によって出費を減らせますので、その分だけ貯蓄をする事が出来ます。小さな金額であっても、長い年数を経過すれば、それだけで非常に大きな金額になりますので、節約とはとても大切です。節約の方法は非常に様々となっており、種類によっては大きな金額を節約させられるようにもなります。

節約の方法としては、基本的には現在の出費よりも安くする事にありますので、一度、出費を家計簿などで見やすくする事が最適です。表などにまとめておく事で出費を把握出来て、どのような部分を節約する事が出来るのかを知る事も可能になりますので、節約の方法を知る方法としては最初にするべき事でもあります。

節約で現在、見直されているものは多くあります。サービス料が安い会社なども多くありますので、様々な出費となる契約でも、見直しをしている方が多い傾向にあります。例えば、携帯電話を所有している場合には、キャリアと契約していると多くの金額が必要になりますが、格安SIMに変更する事によって節約が可能になります。その場合には、非常に大きな金額を節約が可能になりますが、携帯電話の使用状況なども考える必要があります。

経験叶いはおる人間、出来ない人間。

時代にもよりますが確かな蓄えがあるということは基本的に暮しに残りを引き起こすと思います。
誰しもが蓄えが生じるに越したことはないと思っているはずです。
しかし現状では蓄えがあるお客様、蓄えが乏しい人の差は明瞭としていると思います。
そしてそれは必ずしも利潤隔たりによるものだけではありません。
通常と見えるかもしれませんが一番重要なのは利潤と支払いの調節だ。
俺利潤が喜ばしい側とは言えませんが蓄えの金額で言いますと周りの周辺と比べても多い側に当てはまる。
好きなだけお金を使ってスペースを経験なんて暮しが出来たら上等かもしれませんが現実はそんなふうにはいきません。
そこで蓄えを繰り返すためにどうすればいいのか。
蓄えの出来ない友人の強みを簡単に述べてしまえば支払いのパッケージを覚えていない主旨、蓄えに対しての志向が薄いことです。
あたいは蓄えを敢然と合わせることが最高峰重要だと思います。
支払いのパッケージなんて正直言ってしまえばなんだっていいんですよ。
デメリットは毎月何万経験するなどといった明確な成果だ。
そこで残る値段で自身がどうして生活するか位置付けることが大切です。
自分自身におこずかいを贈る感じですね。
最初は使えるお金が減って煩わしく感じるかもしれませんが徐々に通帳の成果が増えていくことがうれしく繋がる。
翌月からなどと言わずに今日から頑張っていきましょう。
その努力はたいていあなたの心に残りとハピネスを運んできてくれますから。

食事に関する節約術をご紹介します

私が実践している、食事に関する節約術をお教えします。

これだけできれば、一ヶ月に5万円は貯まるでしょう。

①食事を作ったら必ず、楽天レシピに掲載。

食事1品につき、楽天ポイントを50Pもらえます。

写真を撮って、レシピを掲載するだけ。

3品のおかずがある場合、150Pがもらえます。

楽天ポイントが使えるお店や、楽天市場で使えますので、現金と同じように使えます。

ただし、楽天レシピで得たポイントは期間限定なので、期間内に使用しない場合は、無駄になってしまいます。

私は、一ヶ月で5000~10000Pもらっております。

②買い物へ行くときは、2日分を購入。

1日目、2日目は予定通り食事を作り、3日目は、残り材料で料理する。

我が家では、3日目料理は、残りもので炊き込みご飯、チャーハン、ギョウザ、スープ、カレーライス、クラムチャウダー、などを作ります。

私は調理師で、まかないなども作っておりましたので、残り物で瞬時にメニューが思いつきます。

一般の主婦の方も、料理の幅が広がれば、節約につながると思います。

③おやつは手作りに。

ホットケーキミックスがあれば、10種類以上のおやつが作れます。

セールのときに、大量のホットケーキミックスを購入し、毎回味を変えて作っております。

④業務用品店を活用する。

業務用の食料は、大量ですが、冷凍できるものが多いので、是非活用してみてください。

お弁当に入れる、からあげなどは、スーパーの冷凍食品売り場のものと比較すると、5分の1くらいの価格で購入できます。

外食費を燃やすとカットにつながります

息子が幼稚園に入ったところから、やりくりにおける休日の娯楽費の占める配分が大きくなってきました。理由は二つあります。ひとつ瞳は息子にも入場料金が必要になる場合が多くなることです。2つ目は外食だ。今まで息子の食する分は大人の取り分けで満杯だったのに、息子もあっという間にキッズメニューを申し込むようになったからだ。
休日は出来るだけ家族で外出して楽しみたい-。しかし、息子が成長するに従ってどうにか利潤も陥るし、娯楽費にお金を使ってばかりもいられない-。そこでアパートは休日の娯楽費の中で、とれるところは切り捨ていこうと決めました。
ひとまず出先は、出来るだけ入場料金が無用、もしくは行政が運営する施設にする。
春や秋など時節の嬉しい時は、公園での発進は我が家の必勝だ。公園で力一杯息子と遊んで、正午ごはんは娯楽文書を広げて持参したお弁当を食べます。お弁当といっても、慌しい朝に発進取り計らいをしながら定めるものですから、おにぎり中心の簡単なものですが、外側で食べると旨いですし、息子も喜びます。
また、発進した日の昼間と深夜、とも外食することをご法度にしています。正午に外食すると分かっている日は、ごちそうに温め直せば食べられるカレーなどを予め作っておくのです。帰ってきたら、息子がお風呂に入っている間に少し準備できるので悩みではありません。
そういう方法で些か面倒はかかりますが、外食費を切り詰めるためかなりの減少になっていると思います。

私の節電に対する念願

私の彼は平凡なビジネスマンをしています。
このご時世、お報酬が随分昇る意味も無く暮らしはいつもつらい状勢でした。
資産は貫くのに坊やが産まれた結果需要がいきなり増大したのです。
そんな状況だったので、私たち夫妻は「楽しみながら切り捨て豊かなライフスタイルを♪」というキャッチフレーズで節約することにしました。
省エネルギーの企画は色々あると思います。
ネットで調査したりお友達の人づて等でも採集できますし、ご自身のルールからでも様々な省エネルギー術を思い付く事が出来ると思います。
私たち夫妻の体制、取り敢えず自分たちの需要のマイホーム金額が幅広い小物から削減していくポイントにしました。
その方が効果があると考えたからだ。
例えば食費、雑費、衣裳、電話料金、坊やの玩具。
このあたりの需要を広く燃やす事が出来れば、ごっそり節約する事が可能になります。
食費や雑費に関しては、近くところ、ホームページ通販で最リーズナブルを調査して置き、出来るだけ安い値段で買うようにしました。
また、衣裳については今まで新作商品を買っていたのを、古着に貰えました。
その他電話もsim無用携帯に変えましたし、坊やの玩具は無用商圏等で購入していらっしゃる。
このように、これまで様々な省エネルギー企画を実践してきましたが、皆さんに一部だけ指針をしようと思います。
それは、省エネルギーをしつつも出来るだけ省エネルギー前の生活を送ってほしいという事です。
愛車を持っていたそれぞれが、省エネルギーのために愛車を手放しましたというのでも良いのですが、例えば愛車を共用行える制度を利用したりだとか、
こういうアイデアを正邪頂きたいと思います。
私たちは夫妻は月に万単位で省エネルギー出来ましたが、省エネルギー前のライフとちっとも何も変わっていないですし、不便も感じていません。

TVを見ながら、子どもと過ごしながらポンタポイントを貯める。

よっぽど好きなTV番組以外は録画をして見ています。惰性で時間を無駄にしたくない事もあります。なんとなく見ているTVの時にはパソコンを起動させてポンタポイントの貯まるアンケートを答えています。簡単な質問で文字入力の必要もないので、TVを見ながらでも十分に出来ます。ポイントは1つのアンケートを答えると4スタンプ貰え、そのスタンプが10個貯まると1ポイントです。かなり気の長い話ですが、惰性で過ごしている時間を少しでも何かに変えられないかと思い、しています。貯まったポイントはローソンの商品引換券にして使用しています。
通常なら1ポイント1円ですが、商品引換券にすると、その商品にもよりますが、100円の商品が30ポイントで交換出来る場合もあるからです。しかも新商品が多いので、新しいお菓子が好きな私には丁度良いサービスです。小まめにポイントを貯めてはそのご褒美にローソンでお菓子に換えて楽しんでいます。お菓子を買うお金を節約している私の方法です。今は子どもが小さいので働きにもいけないし、自宅で出来る事を考えて自分なりに楽しんで節約しています。お金が少なくても外国のお菓子では無く美味しい日本のお菓子が好きです。

わたしのすぐ真似できる節約方法

私は主婦3年目です。いろいろと赤字が続いたので家計を見直しました。まずはインターネット会社です。私が以前契約していたインターネット会社は大手で月額6000円ほどでした。しかしここ1年前から、地域にねざした会社に変更し、月額料金が3000円になりました。また、携帯会社も大手の会社から格安simに変更し月額7~8000円から2000円前後になりました。この2つだけで7000円以上もの節約になりました。

また、洗濯も毎日するのではなく、1週間に2、3回など回数を減らしたり、お風呂の残り湯を使うことによって水道代が節約になりました。 お風呂もシャワーではなくお風呂をわかして、あたたかいうちに家族が全員はいることによってガス代、水道代の節約になりました。

また、皿洗いのときは水道の水を流し続けないようにしました。また、水をだしすぎないよう努力しました。

家族はなるべく1つの部屋で過ごし、電気代がかからないように気をつけました。

また、スーパーに買い物にいく頻度は週に1回にして食費がかからないようにしています。お腹がすいていると、つい無駄に買いすぎてしまうので、お腹を満たしてから行くようにしています。そうすることによって、食費が安くなったと思います。

欲しいものがあったときは、衝動買いせずまず「欲しいものリスト」に入力

ときどき物欲で無性に買い物がしたくなってしまうことがあります。

特に100円ショップとかディスカウントショップでちょっといいなと思ったものは、値段が安いこともあってついつい買っちゃうんですよね。

でも安物も、塵積で気が付くとけっこうな金額になってしまいます。

そこで最近、どんな安いものでも、欲しいと思ったものがあったらその場ですぐには買わず、まず「欲しいものリスト」に入力するようにしています。

欲しいものリストって、節約系雑誌記事などで時々見かけてはいました。

当初はそんなものを書く意味がよくわからなかったんですが、物欲がなかなか収まらなくなってから、これいいなあと思ってはじめたんです。

欲しいものの合計金額もその都度知りたいので、エクセルで簡単な表を作りました。

ひとまず片っ端から欲しいものの品名・個数・金額を入力していきます。

すると、合計金額が計算されて出てきます。

これが、けっこうな金額になるので、入力するだけで「ちょっと我慢しようか」という気になるんです。

もしどうしても欲しければ、その金額になるまで小銭貯金やネットでプチ稼ぎをします。

お金が貯まるころには、これまた意外にも欲しくなくなるものがけっこうあるんです。

買わずに済んでさらに節約できるし、お金が貯まってからでもやっぱり欲しいというものは、気兼ねなく買うことができて満足度も増します。

買い物前のチラシ分析は欠かせない

ごくごく普通のやり方かもしれませんが、究極のチラシは絶対に見た方がいいだ。
究極の産物って元々の値段が安く、チラシに載った産物はそれからもう一度集計が引かれるから相当お得になります。
単に日替わり産物は元値からの値引き比率が厳しく、普通の日光に貰うよりも安いです。
そしてただわずかチラシを見て貰うのではなく、どの産物がどの曜日に安くなり、普段はどのくらいの勘定で売られているのかを合わせてチェックすると、もっと効率のいい配達ができます。頭の中に産物の金額の登記を盛り込むということですね。
最初は特売品を買うことだけに集中してしまいますが、チラシ審査に慣れてくると産物の市価というものがわかってきて、チラシを見なくてもお得な配達ができるようになります。
ひとつの究極だけでなく、他の究極のチラシも合わせて見れば、どのくらい値段の差があるのかが望ましくわかって理解しやすいだ。
こうして効率よく買いものを続けていくとまず資産の引き下げになっているものです。クリアランスセールだからと言って何でも買って無駄にする、ということがない以上は絶対に節約できます。頻繁に究極に行って様々な産物の金額をチェックするような習慣をつければ、すっと安い産物の登記が頭の中に詰め込まれます。
配達に行きはことごとくチラシを確認して、貰うものをメモして行くといいでしょう。